新しいタイプの折りたたみ式360度ハイブリッドアクションカメラ「Insta360 EVO」発売!広げて180度の3D撮影も可能!

180度3D撮影も可能な360度カメラ「Insta360 EVO」が、2019年4月12日(金)に発売されます。広げて180度の3D撮影を、折りたたんで従来と同じ360度の撮影を一台で実現することが可能なハイブリッドアクションカメラです。

650

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

新しいタイプのハイブリッドアクションカメラ!

「Insta360」は2014年の創設以来、360度カメラの新しい使い方を提案し、利便性を向上すべく、常に最新のテクノロジーを追い求めています。軽量で持ち運びやすいように開発されているので、イベントや旅行など、日常生活を含めたさまざまなシーンで活用されています。

今回発売される「Insta360 EVO」は、今までの「insta360」の魅力はそのままに、まったく新しいタイプの折りたたみ式の360度カメラになっています。

650

新たに用意された「180度3D撮影モード」は、「Insta360 EVO」を広げるだけで高画質な180度立体視の動画・静止画を簡単に撮影することができます。

日常目にしている立体的な光景を、5.7K(5760×2880)の高画質180度3D動画と、約1800万画素の180度3D静止画で撮影することが可能です。

一生に一度しかない様々なシーンを、より没入体験ができる3D画像で残すことができます。

もちろん、折りたたんだ状態で従来と同じ360度のアクションカメラとして使用することも可能です。

5.7K(5760×2880)の高画質360度動画と、約1800万画素の360度静止画で撮影をすることができます。

180度3D撮影モードと360度撮影モードのどちらもHDR動画・静止画撮影が可能です。

180度と360度、どちらも広角に撮影可能なので、後処理の工程を必要とせず、どの角度でも自然で、明暗差のあるリアルな動画・静止画を撮影することができます。

動画・静止画撮影には、最新の手ブレ補正技術「FlowState」を採用し、手ブレを抑えるジンバルなどの機材を使用せずに、それに劣らない手ブレ補正を実現しています。

また、「180度3D撮影モード」に対しては、3D撮影に適した専用の手ブレ補正技術を採用し、持ち歩きながら撮影しても、滑らかな3D映像を記録することが可能です。

撮影した180度3D撮影データ、360度撮影データは、付属する折りたたみ3Dグラスとスマートフォンを組み合わせることで楽しめるほか、Oculus GoやHTC VIVE Focus、Galaxy Gear VRといったVRヘッドセットでも再生することが可能です(専用アプリ「Insta360 VR」アプリをインストールする必要があります)。

また、3D再生技術に強みを持つ韓国・MOPIC社とInsta360が共同開発した特殊なスマートフォンケース「Insta360 HoloFrame」(別売り、日本国内販売未定、iPhone XS/X、iPhone XS Max、iPhone XR、Galaxy S8/S8+/S9/S9+/Note8向け)を装着することで、スマートフォンアプリ「Insta 360 EVO」のアイトラッキング機能により、VRヘッドセットやVRゴーグルなしで3D映像を裸眼で楽しめますようになります。

スマートフォンアプリ上で撮影できる「TimeShiftモード」では、360度のタイムラプス・ハイパーラプス動画を撮影でき、旅行の散策や家族イベントの録画に最適です。

さらにアプリと連携することで、180度3D撮影データや360度撮影データの再生・カット編集、各種色合い調整などが可能です。

両データに対応しているFacebookやYouTubeなどのソーシャルメディアに対する投稿も簡単にすることができ、アプリからすぐに共有が可能です。

また、持ち手代わりにも利用できる小型の「三脚」や、持ち運びに便利な「保護ポーチ」も付属しています。

広げて180度3D撮影、折りたたんで360度撮影できる新しいタイプのハイブリットアクションカメラ「Insta360 EVO」で、VR撮影の新時代を楽しみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)