パーソナライズ・ノイズキャンセリングシステムを採用し最良の静寂空間を楽しめる完全ワイヤレスイヤホン「ATH-TWX9」登場!

この記事は約4分で読めます。

ノイズキャンセリングは、イヤホンやヘッドホンを使用して音楽などを聴くときに、外部の騒音を低減させよりクリアなサウンドを聴くことができる機能です。ノイズキャンセリングには大きく分けて、パッシブノイズキャンセリングとアクティブノイズキャンセリングの2つの方式があります。パッシブノイズキャンセリングは、イヤーピースやイヤーパッドをより耳にフィットさせる形状にしたり、素材を工夫することで物理的にノイズを低減します。アクティブノイズキャンセリングは、電子回路による信号処理によりノイズを低減させる信号を掛け合わせることでノイズを低減します。

 

スポンサーリンク

「ATH-TWX9」

「ATH-TWX9」は、ヘッドホンやイヤホン、マイクロホン、スピーカーなどのオーディオデバイスを展開しているオーディオテクニカから登場した、パーソナライズ・ノイズキャンセリングシステム採用の完全ワイヤレスイヤホンです。

片耳に2基、合計4基のノイズキャンセリング用小型MEMSマイクを搭載し、フィードフォワード方式とフィードバック方式を組み合わせたハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術を採用しています。高制度ノイズキャンセリングプロセッサーを使用した独自開発のノイズフィルター設計により、ノイズキャンセリング性能を最大限に高めています。

パーソナライズ・ノイズキャンセリングシステムを採用し、ユーザーにパーソナライズされた最良のノイズキャンセリング性能を発揮することができます。オプティマイズ・ノイズキャンセリングシステムを搭載し、イヤホンが周囲環境の騒音レベルを計測し、自動的に最適なノイズキャンセリング特性を適用することが可能です。

5種類(Airplane、On The Go、Office/Study、Home、Train)のノイズキャンセリングモードがプリセットされ、シチュエーションに合わせて選ぶことができます。専用アプリ「Connect」を使用することで、環境に合わせたノイズキャンセリング効果を設定することもできます。

ヒアスルー(外音取り込み)モードを搭載し、周囲の音を自然に取り込みながら音楽を楽しむことができます。外音取り込みレベルは、専用アプリ「Connect」を使用することで5段階で焼成することが可能です。オクルージョン(こもり)キャンセリング機能を搭載し、イヤホンを装着したままでも自分の発する声のこもりを低減することができます。

ドライバーは、3層マルチレイヤー振動板を採用した5.8mm口径ダイナミックドライバーを搭載しています。高い剛性と振動抑制能力により過渡特性に優れた振動板により、不要な付帯音をまとわず雑味のない、キレの良い低音域と伸びやかな高音域の再生が可能です。外磁型の磁気回路とエッジマウント方式を採用し、ドライバーの出力を高めることで、ドライバーサイズを超えた量感あふれるサウンドを楽しむことができます。超小型ボイスコイルを振動板から浮かせて配線する構造や、ダンパー材にスイスSefar社製の音響メッシュを採用することで、高精細なサウンド再生を実現しています。

通話用マイクは、ビームフォーミングマイク技術やQualcomm cVc Generation 8.0ノイズキャンセリング機能を採用し、周囲の雑音が多い環境でも明瞭な声で、高品質な通話が可能です。自分の声をイヤホンに戻すことで話しやすくなるサイドトーン機能や、瞬時にマイクのオン・オフ操作が可能なマイクミュート機能も搭載されています。

「Snapdragon Sound」に対応し、音楽や動画、ゲーム、通話などあらゆるシーンで高品質なサウンド体験が可能です。「360 Reality Audio」に認定され、オブジェクトベースの360立体音響技術を体験することができます。

連続使用時間は、イヤホン単体で最大約6時間、充電ケースを併用することで最大約18.5時間音楽を楽しむことができます。

Bluetoothのバージョンは5.2を採用し、対応プロファイルはA2DP、ACRCP、HFP、対応コーデックはSBC、AAC、aptX、aptX Adaptiveをサポートしています。イヤホン片耳の重量は約5.4gで、充電ケースの重量は約55.9gです。付属品として、充電用USBケーブル、Short(XS、S、M、L)・Standard(XS、S、M、L)・Long(XS、S、M、L)のイヤーピースが同梱されます。

 

パーソナライズ・ノイズキャンセリングシステム採用で最良のノイズキャンセリング効果を発揮できる完全ワイヤレスイヤホン「ATH-TWX9」で、いつでもどこでも最高のサウンドを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました