リケーブル可能なイヤホンを手軽にワイヤレス化!ネックバンド型Bluetoothケーブル「Arc ITB05」登場!

この記事は約3分で読めます。

イヤホンのリケーブルは、音質の改善をするためにイヤホンに最初から付いているケーブルを取り替えて別のケーブルに変更することです。また、万が一ケーブルが断線してしまった場合でもケーブル部分を取り替えることで、ハウジング部分を使い続けることができます。

 

スポンサーリンク

ネックバンド型Bluetoothケーブル「Arc ITB05」

「Arc ITB05」は、ネックバンド型のBluetoothケーブルです。

MMCXモデルと2PINモデルが用意され、リケーブル可能なイヤホンを手軽にワイヤレス化することが可能です。

Dual DAC搭載のフルバランス出力!

DACチップは、旭化成エレクトロニクスの高音質のDAC「AKM AK4377」を2基搭載しています。「AKM AK4377」は、ポータブル機器向けヘッドホンアンプ内蔵小型D/Aコンバーターで、デジタル入力は最大768kHzのPCM入力に加えて、DSD256(11.2MHz)までの入力(DoP方式)に対応することができます。

左右独立のデュアル構成で搭載され、高音質なフルバランス出力を実現しています。低ノイズの上質なサウンドを楽しむことができ、従来のワイヤレスでは感じられない立体的なサウンドを体感することが可能です。

高い安定性!

Bluetoothのチップは、高品質なQualcomm製「QCC3034」を搭載しています。従来モデルより低消費電力で、高い安定性を実現しています。

コーデックは「SBC」「AAC」「Apt-X」に対応し、更に遅延も少なくハイレゾレベルである最大24bit/48kHzの高音質伝送が可能なコーデック「Apt-X HD」もサポートしています。

多くのモデルに対応できるようMMCXモデルと、2PIN(0.78)モデルの2タイプが用意されています。好みのイヤホンをリケーブルすることで、簡単に高音質ワイヤレス化が可能です。

充電ポートはUSB Type-C端子を装備し、約2時間の充電で、約9時間の連続再生をおこなうことができます。

 

リケーブル可能なイヤホンを手軽にワイヤレス化することができるネックバンド型Bluetoothケーブル「Arc ITB05」で、高音質サウンドをどこでも楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました