BluetoothチップとDAC/ANCチップを独立させた2チップ構成を採用したBluetoothワイヤレスヘッドホン「MOMENTUM 4 Wireless」登場!

この記事は約4分で読めます。

Bluetoothワイヤレスヘッドホンやイヤホンの多くは、Bluetooth通信機能とDAC/ANC機能を搭載したSoC(System on a chip)を採用しています。2つの機能を搭載したSoCを使用することで、ヘッドホンやイヤホンのシステム部の設計工程を減らすことができます。しかし、既存のSoCの機能を利用することは、他のモデルとの差別化を図りにくく製品独自の特色も出しにくくなります。Bluetooth通信機能とDAC/ANC機能をそれぞれ別のチップに役割を持たせることで、モデル独自の特色を出しやすくなります。

 

スポンサーリンク

「MOMENTUM 4 Wireless」

「MOMENTUM 4 Wireless」は、ヘッドホンやイヤホン、マイクロフォンなどのオーディオ関連製品を展開している「Sennheiser(ゼンハイザー)」から登場したBluetoothワイヤレスヘッドホンです。

Bluetooth用のクアルコムチップとは別に、DACとアクティブノイズキャンセリング(ANC)の役割を担うチップを搭載しています。それぞれの機能に独立したチップを採用する2チップ構成により、全体のパフォーマンスが効率化され、音質の向上につながっています。

ドライバーユニットは、振動板に新たな素材を採用した42mm口径ダイナミックドライバーを搭載しています。歪みを最小限に抑え、低音域から精細な高音域、細部まで豊かなサウンドを楽しむことができます。

アングルバッフル技術を採用し、音がユーザーの耳にダイレクトに届くようにバッフルの角度が調整されています。特に高音域の伝達性が高められ、より自然なサウンドステージを作り出すことができます。バッフルは制震性を高める要素も組み込まれ、音質へのこだわりも徹底されています。

ノイズキャンセリング機能は、フィードフォワード方式とフィードバック方式を組み合わせたハイブリッド方式が採用されています。アダプティブノイズキャンセリング機能に対応し、周囲の騒音レベルに合わせてANCの効き具合を自動的に調整することが可能です。

外音取り込み機能に対応し、ノイズキャンセリング機能と簡単なタッチ操作で切り替えることができます。周囲の音を取り入れながら音楽を楽しんだり、ヘッドホンを装着したまま会話をすることも可能です。外音の取り込み具合はタッチパネルで調整することができ、気分や環境に合わせて役立てることが可能です。

マイクは片耳2基、合計4基のMEMSマイクを搭載しています。デジタルビームフォーミングと独自アルゴリズムを採用し、音声をしっかりと集音することができます。通話時には自動で風切り音のノイズを抑制し、明瞭な通話品質を確保することが可能です。

連続再生時間は、ANC使用時で最大約60時間です。急速充電機能を搭載し、5分の充電で最大約4時間使用することができます。ヘッドフォンを外すと自動で再生が停止し、装着すると再生を再開するスマートポーズ機能や、ヘッドフォンを持つだけで自動でオンになり、使わない状態で15分放置すると自動でオフになるオートオン/オフ機能の搭載しています。

iOS/Androidに対応した専用のスマートフォンアプリ「Sennheiser Smart Control」を使用することで、イコライザーの調整やサウンドモード機能、サウンドパーソナライズ機能によるサウンドのカスタマイズをおこなうことが可能です。

Bluetoothのバージョンは5.2を採用し、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、対応コーデックはSBC、AAC、aptX、aptX Adaptiveをサポートしています。本体重量は約293gです。付属品として、USB Type-Cチャージングケーブル、キャリーケースなどが同梱されます。

 

BluetoothチップとDAC/ANCチップを独立させた2チップ構成を採用したBluetoothワイヤレスヘッドホン「MOMENTUM 4 Wireless」で、究極の音楽体験を楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました