Snapdragon Soundに対応し高解像度の再生が可能なハーフインイヤー構造完全ワイヤレスイヤホン「W220T」登場!

この記事は約3分で読めます。

「Snapdragon Sound」は、Qualcomm(クアルコム)の複数のテクノロジーをパッケージにしたモバイルオーディオ向けプラットフォームです。スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスによる音楽再生から音声通話、ゲーミングサウンドを含む広義のオーディオ体験を、無線・有線両方の再生環境において高品位化することができます。「Snapdragon Sound」に対応するデバイスは、Qualcommのテストラボにおいて品質評価ガイドラインに沿ったパフォーマンスと互換性の試験がおこなわれ、基準を満たす必要があります。

 

スポンサーリンク

「W220T」

「W220T」は、高品質なスピーカー、ヘッドホン、イヤホンなどを展開している「Edifire(エディファイア)」から登場した、「Snapdragon Sound」対応の完全ワイヤレスイヤホンです。

SoCは、最新世代のQualcomm製「QCC3056」を搭載し、消費電力を抑え、伝送をより安定させることができます。aptX Adaptiveコーデックをサポートし、最大96kHz/24bitのハイレゾ再生を楽しむことができます。

ドライバーは、液晶ポリマーダイヤフラムを採用した13mm口径ダイナミックドライバーユニットが搭載されています。Uniforceテクノロジーにより歪み率を0.5%に抑え、豊かで繊細なサウンド出力を実現しています。

デュアルマイクとcVcノイズキャンセリングテクノロジーを採用し、周囲のノイズを低減し、高品位な通話性能を実現しています。従来の約2倍のサンプリングレートを実現する32kHz aptX Voiceに対応し、より明瞭な通話が可能です。

aptX Adaptiveをサポートしていないデバイスでも、手動でゲームモードに切り替えることで約89msの低遅延でゲームを楽しむことも可能です。

iOS/Androidに対応した専用アプリ「Edifier Connect」を使用することで、感圧センサーに割り当てる機能のカスタマイズ、イコライザーの切り替え、ゲームモードのオン・オフ、バッテリー残量の確認などをおこなうことができます。

連続使用時間はイヤホン単体で約6時間、充電ケースと併用することで約24時間使用することができます。急速充電機能に対応し15分の充電で約2時間音楽再生を楽しむことができます。

本体デザインは、軽く耳に挿し込んで使用するハーフインイヤー構造を採用し、外耳道の圧迫を軽減し快適に装着することが可能です。

Bluetoothのバージョンは5.3を採用し、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、対応コーデックはSBC、aptX、aptX Adaptiveをサポートしています。

 

「Snapdragon Sound」に対応し最大96kHz/24bitのハイレゾ再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン「W220T」で、快適に高品質サウンドを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました