縦長動画に対応したフルHDのWebカメラ「ストリームカム C980」登場!スマートフォンでの再生に適した動画撮影が可能!

この記事は約3分で読めます。

Youtubeをはじめとする動画配信にあると便利なのがWebカメラで縦長動画す。ビデオ通話をしたり、ゲームのプレイ動画を配信するときにもあると役立ちます。

 

スポンサーリンク

フルHD対応Webカメラ「ストリームカム C980」

「ストリームカム C980」は、縦長動画の撮影にも対応した高画質のWebカメラです。

YouTubeだけでなく、InstagramやFacebookのストーリーなどスマートフォンでの再生に適した動画を撮影することができます。

また、動画配信だけでなく、テレビ会議などのビジネス用途でも活用することが可能です。

縦長ビデオ撮影も可能!

フルHD(1,920×1,080ドット)でフレームレート60fpsの撮影に対応し、動いている被写体も精細かつ滑らかに撮影・配信することができます。

設定不要でカメラを回転させるだけで、縦方向ビデオ撮影に対応しています。簡単に、InstagramやFacebookのストーリーなどスマートフォンでの再生に適したビデオを撮影することが可能です。

オートフォーカス、フルHDガラスレンズ搭載!

オートフォーカスと自動露出調整を搭載し、顔も明るく鮮明に映すことが可能です。レンズには、フルHDに最適化されたガラス製レンズを採用し、シャープで明瞭な画像を実現します。

カメラの視野角は78度あるので、2人でもフレームに収めることができます。

付属のマウントでPCモニターや卓上に設置したカメラは上下左右に動かすことが可能で、フレーミングも簡単です。ブレ補正機能も搭載しているので、不意にカメラが動いてしまったときも安心です。

専用ソフトで手軽に加工!

ウェブカメラ用ソフトウェア「Logicool Capture」を使用することで、もう1台のウェブカメラの映像や、デスクトップ画面、アプリケーションウィンドウを画面の片隅に置いたり、左右2分割にして配信することができます。

カメラのズームやパン、クロマキーによる背景の削除、リアルタイムでメッセージを表示させることも可能です。自動フレーミングをオンにすることで、常に人物を動画中央に最適にフレーミングすることもできます。

接続はUSB Type-Cを採用し、高速かつ安定して配信するのに適しています。

 

スマートフォン向け縦方向ビデオ撮影にも対応したWebカメラ「ストリームカム C980」で、さまざまな映像配信にチャレンジしてみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました