SSD内臓で高速データ転送を実現したUSB Type-C対応スマートドッキングステーション「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1」登場!

この記事は約3分で読めます。

SSDストレージ内蔵した、USB Type-C対応スマートドッキングステーションの登場です。最大960GBのSSDを内蔵し、持ち運びしやすい外部ストレージとしても使用することができます。

 

スポンサーリンク

スマートドッキングステーション「ALMIGHTY DOCK CS1」

「ALMIGHTY DOCK CS1」は、USB Type-C対応スマートドッキングステーションです。

USB Type-Cしか搭載されていないノートPCなどでも、USBメモリなどのUSB Type-Aデバイスを接続することができるようになります。

最大960GBのSSDを内蔵!

スマートドッキングステーションでありながら、SATA 3.0のSSDストレージを内蔵しています。容量は、120GB、240GB、480GB、960GBの4種類が用意されています。SSDへのディスクアクセススピードは、読み込み、書き込み速度ともに約400MB/sの高速なデータ転送が可能です。

macOS標準のバックアップ機能「TimeMachine」にも対応しています。Macに接続して設定することで自動バックアップにも最適です。

Type-Aポート×2、HDMIポート×1 搭載!

USB Type-Aポートを2ポート搭載しています。キーボードやペンタブレット、USBメモリやSDカードリーダーなど、必要に応じてさまざまなデバイスを接続して使用することができます。USBバージョンは3.0を採用し、最大転送速度は5Gbps(理論値)と、USB2.0の約10倍以上です。

HDMIポートも1ポート搭載し、映画やゲームなどのコンテンツを大型ディスプレイの高解像度(最大3840×2160/30Hz)で楽しむことも可能です。

パワーデリバリー専用のUSB Type-Cポート(最大60W規格)も搭載しています。SSDやHDMIポートを使用しながらでも本体デバイス(MacBook や iPad Proなど)を充電することができ、USB Type-Cポートが1つしかない Surface Go や iPad Pro などでは特に役立ちます。

アルミニウム素材採用!

筐体に放熱性の高い素材であるアルミニウムを採用しています。デザイン的にも熱がこもりにくい設計となっています。

手のひらサイズのコンパクト設計で、本体部分は約49.6mm×105mm×15.2mm、重量は約79gと手のひらに収まるコンパクト・サイズとなっています。

接続はUSB Type-Cで、Mac、Windows PC、iPad Pro、AndroidデバイスなどUSB Type-Cをサポートするさまざまな機種で使用することができます。

本体カラーは、スペースグレイとシルバーが用意されています。

 

コンパクトでSSDも内蔵したスマートドッキングステーション「ALMIGHTY DOCK CS1」で、手持ちの周辺機器を手軽に利用するとともに、しっかりとデーターのバックアップを取りませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました