4~6名程度の小・中規模遠隔会議に最適!USB接続に特化したスピーカーフォン「YVC-331」登場!

この記事は約2分で読めます。

ヤマハ株式会社から、USB接続に最適化したユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン「YVC-331」が登場です。小・中規模の会議室やオープンスペースなど、オフィスのさまざまな環境で利用可能なUSB接続型のスピーカーフォンです。

 

スポンサーリンク

「YVC-331」

「YVC-331」は、小・中規模(4~6名程度)の遠隔コミュニケーションに適したスピーカーフォンです。

現行製品「YVC-330」のBluetooth接続機能を非搭載とし、USB接続に最適化されています。

「SoundCap」搭載!

オープンスペースでも快適な遠隔コミュニケーションを実現する「SoundCap」モードが搭載されています。周囲に壁が無いオープンスペースでも、周りの雑音を気にせず打ち合せすることが可能です。会議室が埋まっていても、オフィスの空いている場所でいつでもどこでも遠隔コミュニケーションをとることができます。

マイク自動ミュート!

マイク自動ミュートは、オープンスペースの会議参加者の発言状態を認識し、自動でマイクミュート・ミ ュート解除を行う機能です。収音した音声信号から人間の声を瞬時に高精度に判定するHuman Voice Activity Detection(HVAD)と連携し、判定結果に応じてマイクミュートの操作を行います。

スピーカー音量自動調整!

スピーカー音量自動調整は、周囲の雑音の大きさに合わせて、スピーカー音量を常に適切なボリュームに調整することができます。収音した音声信号から人間の声を瞬時に高精度に判定するHVADにより実現しています。

 

USBでパソコンとつなぐだけで「簡単」「確実」に接続することができます。オプションの連結ケーブルで2台のスピーカーフォンを連結接続し、収音範囲と再生範囲を拡張する連結機能も搭載されています。

集音範囲はSoundCapモードは1mいないで、スタンダードモードでは最大3mとなります。

 

本体サイズは約幅235×高さ46×奥行き226mmで、本体重量は約0.8kgです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました