自宅にいながら誰もがクリエイターになれる!超コンパクトな高性能家庭用3Dプリンター「The Micro Plus」自動セットアップで誰でも簡単に!

超コンパクト・ハイスペック・ロープライスを実現した注目の米国M3D社製高性能家庭用3Dプリンタ「The Micro Plus」が、バランスボディ研究所から発売されました。家庭内でさまざまなアート作品を作れる3Dプリンターで誰もがクリエイターになることができます。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

家庭で簡単にクリエイターになれる3Dプリンター!

近年3Dプリンターは業務用にとどまらず、家庭内でさまざまなアート作品を生む出す夢の装置として注目を集めています。「The Micro Plus」は、1辺約18cm、重さ約1kgと超コンパクトでリビングに置いても違和感のない、洗練されたデザインの3Dプリンターです。

専門知識がない初心者でも、簡単に3Dプリントが楽しめるように設計されています。難しい設定は必要なく、自動セットアップ機能(オートキャリブレーション)がついているので、造形をおこなうプリンターとノズルとの間隔を一定にする調整も自動でおこなってくれます。

専用ソフト「M3Dソフトウェア」をダウンロードし、ネット上で共有されている好きなモデルデーターを自由に選んでプリンターにドラッグするだけで、データ通りにすぐに造形を開始することができます。

通常の3Dプリンターは造形物の精度をあげるために、プリント速度は落とすのが一般的ですが「The Micro Plus」は、精度を下げることなく、秒速45mmを実現しています。前モデル「The Micro」と比べて、約1.6倍も速度を高めています。

本体に作業中のデータを記憶できる「メモリー機能」を搭載しているので、誤ってPCとの接続が切断されたとしても、作業が中断されることがありません。また、PCがスリープ状態になっても作業は続行されるので、事前設定の必要もありません。

別売り純正フェラメントは、用途に合わせて選べるPLA、Tough(タフ)、Carbonの3種類が用意されています。PLAは、3Dプリンターの標準的な素材で、植物由来の原料なので環境にやさしく、プリント時にもほとんどニオイがしないのも特徴です。Touthは、M3D社開発の弾力性を持ったフィラメントで、粘性がある柔らかめの素材のため造形物の幅が広がります。Carbonは、PLAよりも強度が強く、強靭な精密部品などより精度の高いプリントにも使用することができます。

また、外部ポートを装備しているので、直径1.75mmの規格であれば、各種素材の市販のフィラメントも使用することが可能です。ただし、ABS素材には、冷えると縮むという性質があり、大きい造形物を作る際には台座を高音に保つ必要があります。「The Micro Plus」はその機能を持っていないので、フィラメントにはABS以外の素材がオススメです。

造形できるサイズは、基礎造形サイズが幅113×奥行109×高さ74mm、上部造形サイズが幅91×奥行84×高さ42mm、最大造形サイズが幅109×奥行114×高さ116mmで、上から42mmは、上部造形サイズ以上の作成はできません。

対応しているOSは、Windows7以上、Mac OS 10.9以上、Linux3.0以上です。

本体カラーは、ブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、オレンジ、クリア、パープルが用意されています。本体サイズは約幅18.5×奥行き18.5×高さ18.5cmで、本体重量は約1.07kgです。

コンパクトでインテリアにもなじむ洗練されたデザインの高性能家庭用3Dプリンター「The Micro Plus」で、オリジナルアクセサリーやオブジェ、オーナメント、クッキーの型などを家庭で簡単に形にして、個人用や、ネットオークションで販売したりと、ビジネスチャンスも拡大させてみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)