USB Type-C 65W給電に対応した高解像度4K液晶モニター「JN-I28UR-C65W」登場!

この記事は約2分で読めます。

USB Type-C給電に対応した液晶モニターは、対応しているノートPCであれば1本のケーブルで映像・音声出力だけでなくノートPCへの充電も同時に行うことができるので大変便利です。

 

スポンサーリンク

「JN-I28UR-C65W」

「JN-I28UR-C65W」は、JAPANNEXTから登場したUSB Type-Cによる65W給電に対応した28型高解像度4K液晶モニターです。

高視野角上下左右178°のIPS系パネルを採用し、あらゆる角度から見ても色やコントラストの変化が起きにくいため画像を鮮明に映し出すことが可能です。sRGB100%の広色域に対応し、動画や写真編集などにも最適な画像を表示させることができます。

3,840×2,160ドットの4K/UHD解像度のパネルを搭載し、フルHD(1,920×1,080)の4倍の広さの作業領域を実現します。作業領域が広くなることで、大型グラフィックを扱うDTPやCADソフト、複数ドキュメントを扱うオフィスワークや複数のWEBページの同時表示など作業効率を大幅に向上させることができます。

HDRにも対応し、明るい部分も暗い部分もくっきりと表現し深みのある映像を楽しむことができます。フリッカーフリーやブルーライト軽減機能も搭載し、目への負担を減らすことができます。

USB Type-Cによる65W給電に対応し、対応したデバイスであればUSB-Type Cケーブル1本でノートPCからモニターへの映像出力とノートPC本体への充電をおこなうことができます。

映像入力端子はUSB Type-CのほかにHDMI2.0、DisplayPort1.2が用意されています。

複数の入力を同時に表示することができるPBPや2つの入力の内の1つを子画面で表示することができるPIPにも対応しています。

KVM機能を搭載し、2台のパソコンをモニター側で切り替えて1台のキーボードとマウスで操作することができます。

本体サイズは約幅638×高さ462×奥行き169mm(スタンド付き)で、本体重量は約5.1kgです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました