USB Type-C&USB3.1 Type-A接続対応ドッキングステーション「USB-CVDK5」登場!HDMI端子×2やLANポートも搭載!

この記事は約3分で読めます。

ドッキングステーションは、USBや映像出力端子など複数のポートを搭載した周辺機器です。入出力ポートの数や種類の限られているノートパソコンでも、さまざまなデバイスを接続することができるようになります。

 

スポンサーリンク

ドッキングステーション「USB-CVDK5」

「USB-CVDK5」は、USB Type-CとUSB3.1 Type-Aの2WAY接続に対応したドッキングステーションです。

テレワークPCやタブレットの周辺機器をケーブル1本で一括接続することができます。

ケーブル1本で周辺機器を接続!

ドッキングステーションはUSBケーブル1本で、ノートパソコンと周辺機器を簡単に接続することができます。

大きくて見やすい外付けディスプレイやフルサイズのキーボード・マウス、安定した有線ネットワーク、Web会議に必要なWebカメラ・ヘッドセットなどを用意しておくことで、ノートパソコンでのテレワークや在宅ワークの作業効率アップが可能です。

外出時もUSBケーブル1本抜けだけで簡単に周辺機器を取り外すことができ、ノートパソコンを持ち運ぶときにも便利です。

USB Type-CとUSB3.1 Type-Aの2WAY接続!

ノートパソコンやタブレットとの接続ケーブルは、USB Type-CとUSB3.1 Type-Aの2WAYが用意され、さまざまなデバイスに接続することができます。

USB Type-Cコネクタは、最大85WのUSB Power Delivery 2.0(USB PD 2.0)に対応し、ノートパソコンを充電しながら使用することもできます。

豊富な入出力端子!

USB 3.1 Gen1ハブを搭載し、台容量データでもすばやく転送することが可能です。アクセスしやすい前面にUSB3.1(Gen1)を1ポート、背面に2ポートが用意されています。

他にもHDMI×2、ヘッドホンジャック、ギガビット対応LANポートなど、豊富な端子が搭載されています。

HDMI端子を2ポート搭載しているので、ディスプレイ2台を使った作業も可能です。2つの画面をつなげて大型モニターとして使える「拡張モード」と、同じ画面を2台に表示する「ミラーモード」が用意され、用途に合わせて選ぶことができます。

 

VESA規格(75×75mm、100×100mm)に対応した取り付け金具が付属し、モニターの後ろに簡単に取り付けすることで、デスクを効率よく使用することが可能です。

本体サイズは約幅95×奥行き95×高さ33mmで、本体重量は181gです。コンパクトで軽量なので持ち運んで使用することも簡単です。

 

PD給電にも対応するUSB Type-Cと、汎用性の高いUSB3.1 Type-A接続の2WAYに対応したドッキングステーション「USB-CVDK5」で、ノートパソコンでの在宅ワークやテレワークを快適におこないませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました