自宅が、大迫力のシアターに!高画質スマートプロジェクター「H6800BDa」登場!

この記事は約3分で読めます。

Android OSを搭載しており、本体をWi-FiにつなぐだけですぐにYouTubeやNetflix、Prime Videoなど、対応するさまざまなストリーミングサービスを大画面で楽しむことができるスマートプロジェクター「H6800BDa」が登場です。

 

スポンサーリンク

スマートプロジェクター「H6800BDa」

「H6800BDa」は、日本エイサー株式会社から登場したAndroid OS搭載のスマートプロジェクターです。

投写サイズは最大300インチと大画面投写が可能です。解像度は4K UHD(3,840 x 2,160)対応で、高精細な映像を映し出すことができます。

スクリーンまでの投写距離は1.0m~最大10mまで対応しています。

輝度は3,600 ANSIルーメンと高く、太陽光の入りやすい部屋でも鮮やかに映像を写し出すことができます。HDR 10に対応し、広い輝度幅で明るい部分と暗い部分のコントラストをはっきりと表示することが可能です。コントラスト比は最大10,000:1と高く、メリハリのある映像を楽しむことができます。

フルHDの解像度で最大240Hzの高リフレッシュレートに対応し、スポーツやゲームなどの動きの速いシーンでも、細部まで滑らかに映し出すことが可能です。

10Wのスピーカーを搭載し、音声も楽しむことができます。ステレオミニジャックと光デジタルオーディオ出力端子も装備し、さらに迫力あるサウンドを楽しもことも可能です。

Android OSを搭載しているので、本体をWi-FiにつなぐだけでYouTubeやNetflix、Prime Videoなどの対応するストリーミングサービスを楽しむことができます。

標準搭載のWi-Fiドングルとのペアリングで、スマートフォンやPCからのワイヤレス投写も可能です。Android 5.0以降、iOS 12以降、Windows 10のデバイスとの接続に対応していますが、機種によっては対応できない場合もあります。映像出力端子や変換アダプターがなくても、ワイヤレスですぐに投写を始めることができます。Miracastテクノロジー対応デバイスであればスクリーンミラーリングにも対応しています。

上下方向の映像のひずみを最大30度まで補正できる台形補正機能を搭載し、長方形画面をキープすることができます。

入力端子は、HDMI 2.0(HDCP2.2対応)×2、アナログRGB/コンポーネントビデオ(ミニD-Sub15ピン)×1、PCオーディオ(ステレオミニジャック)×1です。

本体サイズは約幅315×高さ114×奥行き248mmで、本体重量は約3.2kgです。

 

さまざまなストリーミングサービスを大画面で楽しむことができるスマートプロジェクター「H6800BDa」で、自宅を大迫力のシアターにしてみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました