USB Type-CからHDMI出力可能なドッキングステーション「500-KC036CMH」登場!USB端子や3.5mmミニジャックも搭載!

この記事は約3分で読めます。

ドッキングステーションは、映像出力端子やUSBなど複数のポートを搭載したデバイスです。ドッキングステーションを使用することで、タブレットやノートPCなどの拡張性をアップさせることができます。

 

スポンサーリンク

Type C HDMI変換アダプター「500-KC036CMH」

「500-KC036CMH」は、1つのUSB Type-Cポートから4つの機能へ分配することができるドッキングステーションです。

USB Type-Cポートを搭載するiPad ProやSurface Pro、スマートフォンなどに接続して使用することができます。

USB Type-Cポートを拡張!

USB Type-Cを搭載したデバイスに、「HDMI」、「USB 2.0」、「USB PD対応USB Type-C」、「3.5mmオーディオ端子」を増設することが可能です。

4K/60Hz出力に対応したデバイスに接続することで、高精細の4Kコンテンツを4K/60Hzに対応した大画面の液晶テレビやディスプレイに出力することができます。「HDR」(High Dynamic Range/ハイダイナミックレンジ)に対応し、黒潰れや白飛びを防ぎ、より自然でリアルな映像を楽しむことが可能です。HDRの画像を楽しむには、パソコン、ディスプレイ、ケーブル、コンテンツ、コンテンツ再生ソフトウェアの全てが、HDRに対応している必要があるので注意してください。

USB PD3.0対応!

USB PD(USB Power Delivery)3.0に対応し、100WまでのUSB PD対応機器を充電することが可能です。デバイスの充電をおこないながら、周辺機器を使用することもできます。

USB PD(USB Power Delivery)は、2012年に制定されたUSBを使用した電源供給の規格で、最大100Wまでの電力を送ることができます。USB2.0で最大2.5W、USB3.0では最大4.5Wまでしか電力供給することができませんでしたが、より大きな電力の供給が可能です。

USB 2.0ポートも搭載!

USB 2.0ポートを搭載し、USBメモリやカメラ、マウスなどを接続することができます。3.5mmオーディオ端子も備えているので、お気に入りのイヤホンを使ったり、マイク付きヘッドホンでテレビ電話なども可能です。

本体サイズは約幅63.6×奥行き7.6×高さ39mmで、本体重量は約20gです。

 

USB Type-CからHDMI出力可能なドッキングステーション「500-KC036CMH」で、自宅の大画面で快適にiPad ProやSurface Proを利用しませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました