3カメラ搭載でリア・バック・車内の3方向同時記録が可能!ドライブレコーダー「P3 pro」登場!

この記事は約3分で読めます。

ドライブレコーダーは、万が一の事故の際に映像と音声を記録してくれる重要なデバイスです。周囲の状況を映像で残すことができるので、あおり運転対策としても役立ちます。

最近は、前方だけでなく後方も撮影可能な前後2カメラも人気になっています。

 

スポンサーリンク

ドライブレコーダー「P3 pro」

ドライブレコーダー「P3 pro」は、フロント・リアの車外だけでなく車内も同時に録画できる3カメラ搭載のドライブレコーダーです。

3カメラ搭載!

3基のカメラを搭載しているドライブレコーダーであれば、前後だけでなく車内も同時に撮影することが可能です。車内の映像があれば、事故の際の記録だけでなく、あおり運転の被害にあった場合にも役立てることができます。

運悪く、あおり運転被害から暴行被害に発展してしまった場合でも、車内カメラの映像で暴行の様子を証明することもできます。また、事故の際も「わき見運転をしていなかった」という証明をすることも可能です。

フロントカメラが4K撮影、リアカメラと車内カメラがフルHDでの撮影に対応しています。

事故の記録だけでなく、ドライブや旅行の思い出を記録することもでき、車内の楽しい様子を残しておくことが可能です。

ソニー製CMOSセンサー採用!

3基のカメラは、いずれもソニー製CMOSセンサーSTARVIS(IMX415+IMX307+IMX291)を搭載しています。フロントカメラには明るさNovatek96685の高性能チップ、の光学6G多層ガラスレンズを採用し、昼夜を問わず鮮明な画像を撮影することができます。車内レンズには赤外線LEDライトを内蔵し、暗い車内でも鮮明に記録することが可能です。

WDR技術を搭載し、明るい場所は白飛びをさせず、暗いところは明るく補正されるので、鮮明な画像を録画することができます。

GPS内蔵!

本体にはGPSが内蔵され、Google Mapとの連動による走行ルート、車速などの同時記録が可能です。GPSモジュールは、スイスのU-BLOXチップが採用され、位置の正確性も高くなっています。

Gセンサーも搭載し、駐車中に衝撃を検知すると自動的に電源が入り、駐車中の異常を録画することができます。外部電源に接続することで24時間撮影することも可能です。

 

万が一の事故やあおり運転被害の際にも安心な3カメラ搭載のドライブレコーダー「P3 pro」で、安全にドライブを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました