LDACコーデックをサポートしハイレゾ相当の高音質サウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホン「1MORE EVO」登場!

この記事は約4分で読めます。

LDACコーデックは、ソニーが開発したBluetoothオーディオコーデックです。既存技術のBluetoothコーデックであるSBC(328kbps、44.1kHz時)に比べて約3倍の最大990kbpsで音声データを伝送することができます。対応したデバイスを使用することでハイレゾ音源を低い周波数・低いビット数へダウンコンバートすることなく高音質で楽しむことができます。ハイレゾ以外の音源でも従来のコーデックよりダイナミックレンジが広く高音質なサウンドをワイヤレス再生することが可能です。

 

スポンサーリンク

「1MORE EVO」

「1MORE EVO」は、グローバル展開するオーディオ機器専門メーカー1MOREから登場したLDACコーデックをサポートした完全ワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を聴くことができるLDACコーデックをサポートしています。日本オーディオ協会の「Hi-Res Audio Wireless」認証を取得し、立体感とクリアさの高い、より繊細で奥行きのあるサウンドを楽しむことができます。 ハイレゾ音源だけでなく、ハイレゾ以外の音源でも高音質でワイヤレスリスニングすることができ、小音量でも素晴らしい透明感、パンチのある低音、鮮明なボーカル、比類のないディテール、広いサウンドステージで音楽を再生することが可能です。

ドライバーは、10mmダイナミックドライバー(DD)とバランスドアーマチュアドライバー(BA)の両方を採用したハイブリッド型ドライバーユニットが搭載されています。低音域の再生が得意のダイナミックドライバーと中高音域の再生が得意のバランスドアーマチュアドライバーをバランスよく組み合わせることで、より繊細でパワフルなサウンドを再生することができます。ダイナミックドライバーにはDLC(Diamond Like Carbon)コーティングが施された振動板が採用され、、再生周波数帯域40,000hzの高音域特性を実現しています。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能は、独自の「QuietMax」テクノロジーが採用されています。最大42dBというノイズキャンセリング性能を実現し、優れた解像力だけでなく、環境音に邪魔されずにサウンドを楽しむことができます。ディープモード(飛行機・電車・バスなど様々な環境に合わせて最大42dBまでのノイズを低減)、マイルドモード(騒がしいカフェ、ショッピングセンター、オフィスなどの中音域の環境に最適)、 WNRモード(Wind Noise Reduction、強風時の騒音を低減したい時に最適)、スマートモード(環境ノイズに合わせて自動的にカットし、バランスよく音源を再生)、そして環境パスモード(音楽を聴きながらでも、周りの音を聞き取りやすく調整)、ボーカルエンハンスモード(ボーカルを強調して聞きやすく調整)の合計6つのリスニングモードが用意され、使う環境に応じて最適なモードを選択することができます。「Adaptive ANC」機能を搭載し、周囲環境に合わせて自動的にノイズキャンセリングのレベルを調整することが可能です。

イヤホン片側3基、合計6基のマイクを搭載し、AIを活用したDNN(Deep Neural Network)アルゴリズムと連携することで、周囲のノイズをフィルタリングすることで、クリアな通話品質を実現しています。フィードフォワードマイクが環境ノイズをキャッチして高い音を打ち消し、フィードバックマイクが変化に適応して低い音を自己補正します。トーキングマイクが人の声の周波数を正確に拾い、人の声をブーストすることで、音声を聞こえやすくしています。

ANCオン時の連続再生時間はイヤホン本体で最大5.5時間、充電ケースと併用することで最大20時間再生することが可能です。ANCオフ時はそれぞれ最大8時間、最大28時間となります。急速充電にも対応し、15分の充電で最大4時間音楽を楽しむことができます。充電ケースはQi規格のワイヤレス充電に対応し、簡単に充電することができます。

Bluetoothのバージョンは5.2で、対応プロファイルはHFP、A2DP、AVRCP、対応コーデックはSBC、AAC、LDACをサポートしています。イヤホン本体の重量は片側約5.7gで、充電ケースの重量は約46.9gです。付属品として3サイズのイヤーピースなどが同梱されます。

 

LDACコーデックをサポートした完全ワイヤレスイヤホン「1MORE EVO」で、高品質なサウンドを持ち歩きませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました