新形状デザインを採用し装着時の耳への負担を低減!完全ワイヤレスイヤホン「HA‐NP35T」登場!

この記事は約4分で読めます。

イヤホンは、耳に密接して装着することで耳に直接音を伝えることを目的としたデバイスです。装着方法により、カナル型、インナーイヤー型、耳掛け型などさまざまなタイプがあります。

イヤホンの主流であるカナル型は、イヤーピースを耳の中に入れるように装着するタイプです。耳に密着するのでイヤホンが外れにくく、密閉性が高いので音漏れが少ないことが特徴です。反面、イヤーピースを耳の中に入れるので、長時間利用すると耳が痛くなってしまう場合があります。

インナーイヤー型は、耳の表面の耳介と呼ばれる部分にパーツを引っ掛けて装着するタイプです。耳への密着感が少ないので、カナル型より耳が疲れにくく、空間表現力が高いのが特徴です。反面、接着面が少ないので外れやすく、音漏れもしやすくなっています。イヤーピースのサイズがやや大きいので、耳の形やサイズが合わないと耳が痛くなってしまいます。

耳掛け型は、イヤーフックなどを使用し耳に引っ掛けて装着するタイプです。耳にイヤホンが固定されるため、耳から外れにくく、長時間使用しても耳が痛くなりにくいのが特徴です。反面、耳とスピーカーの間にスキマができてしまうので音漏れがしやすく、重低音に弱くなっています。

 

スポンサーリンク

「HA‐NP35T」

「HA‐NP35T」は、家庭用のオーディオ機器やビジュアル機器などを展開しているビクターブランドから登場した耳をふさがない新形状デザインの完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤーピースを耳に入れるスタイルではなく、耳にイヤーフックを掛けるだけのスタイルの新形状デザインを採用しています。耳穴(外耳道)を塞がず、開放的な装着感を実現し、装着時の耳への負担を低減することができます。周囲の音を聞き取ることが可能で、屋外など周囲が気になるシーンに役立てることができます。

イヤーフック部の素材は硬さとやわらかさを備えた素材を使用し、自然な耳あたりを追求するとともに、耳へのストレスが少なく長時間の装着でも快適に使用することができます。

ドライバーは、大口径16mmドライバーユニットが搭載されています。ハウジング内部にバスレフ構造を採用し、低音を強化しています。ダクト形状を蛇行させることで中音域から高音域の音が外に漏れるのを防ぎ、豊かな低音域をもつ高音質サウンドを実現しています。

密閉しない耳掛け型イヤホンでありがちな音漏れは、指向性を適切にコントロールした設計により低減しています。内部構造およびスピーカー開口部の構造は、人間の耳が音漏れとして認識しやすい周波数帯域に音圧のピークがこないように設計され、高い音質と低い音漏れの両立を実現しています。

片耳に2基、合計4基の高性能MEMSマイクを内蔵しています。独自の通話用ノイズリダクション機能を搭載し、オンラインミーティングなどの通話時に、クリアで高品位な音声を伝えることができます。マイクミュート機能も搭載し、イヤホンをワンタッチするだけで簡単にマイクのオン・オフを切り替えることが可能です。

連続再生時間は、イヤホン単体で最大約7時間、充電ケースと併用することで最大17時間使用することができます。イヤホン本体はIPX4相当の生活防水性能を備え、急な雨や水しぶきでも安心して使用することができます。

Bluetoothのバージョンは5.1を採用し、安定したワイヤレス接続を実現します。対応コーデックはSBCです。スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応しています。本体カラーは、ホワイト、ブルー、ブラックが用意され、好みの色を選ぶことができます。本体重量は、片耳約12gで、充電ケースは約73gです。付属品として、充電用USBケーブルなどが同梱されます。

 

耳をふさがない新形状デザインを採用し耳への負担が少ない完全ワイヤレスイヤホン「HA‐NP35T」で、いつでもストレスフリーなリスニングを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました