大口径13.6mmダイナミックドライバーと2基のBAドライバーのハイブリッド構成IEM「JH3」登場!

この記事は約3分で読めます。

オーディオブランド「FiiO」から2基のバランスドアーマチュアドライバーと1基の大口径13.6mmダイナミックドライバーを搭載したハイブリッド構成のインイヤーモニター「JH3」が登場しました。

 

スポンサーリンク

「JH3」

ハイブリッド構成のインイヤーモニターは高音域が得意なバランスドアーマチュアドライバーと低音域が得意なダイナミックドライバーが組み合わされ低音から高音まで楽しむことができます。

「JH3」は、2基のバランスドアーマチュアドライバーと1基の13.6mm大口径ダイナミックドライバーが組み合わさったハイブリッド構成となっています。

2基搭載されたバランスドアーマチュアドライバーは、専用にカスタマイズされたものが採用されています。緻密に長さを設計された音導管の開口部に近い位置に配置され、高音域の損失が少なく、よりクリアなサウンドを響かせます。

ダイナミックドライバーは、フラッグシップモデルで採用されているものと同経の13.6mmダイナミックドライバーが搭載されています。磁束を20%増加させた新設計の磁気構造により、豊かな中音域とパワフルな低音域を実現します。

セミオープン構造により耳の気圧調整を自動的に最適化するFiiOの特許技術「バランスド・プレッシャーリリーフ・システム」を採用しています。「バランスド・プレッシャーリリーフ・システム」によって、13.6mmダイナミックドライバーの大振幅に対しても歪みのない、自然で弾力ある低音を実現します。

0.78mmの2ピンコネクターを採用し、様々なリケーブルに対応しています。また、FiiO UTWS3 2PINモデルと組み合わせることで、ワイヤレスIEMとしても使用することができます。

1本あたり30芯線を使用したケーブルを左右合計4本採用し、合計120芯線となる高純度単結晶銅ケーブルが標準で付属しています。高品位な信号伝送を可能にするため、芯線のそれぞれが独立して絶縁され、表皮効果や近接効果を減少させています。

プレーヤー側端子には、取り回しに配慮したL字タイプの3.5mmヘッドホンプラグが採用されています。

ハウジングは、内部構造が視認できるシースルー素材を採用し、エルゴノミクスデザインによって自然なフィット感を実現します。長時間のリスニングでも耳にぴったりとフィットし快適に使用することができます。

シャッターのシルエットをモチーフとした新型デザインのフェイスプレートは、アルミニウム合金素材を5軸CNCマシン成形し、手作業で丁寧にフィニッシュしています。

本体表面にはVDコーティングが施され、本体の剛性を高め、摩耗や損傷にも強くなっています。

日本オーディオ協会が定めるハイレゾオーディオ認証を取得しています。

周波数特性は10Hz~40kHzで、インピーダンスは28Ω(@1KHz)、感度は106 dB/mW(@1KHz)です。

 

2基のバランスドアーマチュアドライバーと1基の13.6mm大口径ダイナミックドライバのハイブリッド構成インイヤーモニター「JH3」で、手軽にハイブリッドのサウンドを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました