PCM 32bit/768kHz、DSD 512の再生をサポートした超小型USB-DAC「ATOM MINI」登場!

この記事は約3分で読めます。

USB-DACは、パソコンやスマートフォンなどとUSBケーブルで接続することで、再生デバイスから送られてくるデジタル音声信号をアナログ音声信号に変換するデバイスです。パソコンやスマートフォンにもDACは内蔵されていますが、専用のUSB-DACを使用することでより高音質でサウンドを楽しむことができます。据え置きタイプやバッテリーを内蔵したモバイルタイプ、バスバッテリーで駆動できるスティックタイプや超小型の変換ケーブルタイプなどさまざまなモデルが登場しています。

 

スポンサーリンク

「ATOM MINI」

「ATOM MINI」は、高品質なオーディオ・映像機器の製造メーカー「Audirect(エーユーダイレクト)」から登場した変換ケーブルタイプを採用した超小型のポータブルDACです。

変換ケーブルタイプを採用することにより、スマートフォンやパソコンなどの音楽再生デバイスと接続するだけで、簡単にハイレゾ再生環境を構築することができます。USB Type-C接続モデルとLightning接続モデルの2タイプが用意され、接続するデバイスに合わせて選択することができます。

心臓部であるDACチップには、ESS Technology社製の低電力高性能DACチップ「ESS ES9280AC Pro」が搭載されています。最大PCM 768KHz/32Bit、DSD 512までのでデジタルオーディオコーデックをサポートし、ハイレゾ再生にも対応することが可能です。バスパワーを意識した低消費電力設計により、発熱を抑えることができ、安定した操作が可能です。サウンドは、厚みのある中高音域を中心に伸びのある高音域と程よく主張する低音域が特徴で、心地よいサウンドを聴くことができます。

芯線は信号の伝達に最適な5N単結晶銅線を6本束ねた構造のケーブルが採用されています。取り回しの良さと断線防止にも配慮したほどよい硬さのケーブルです。

プラグ部分にはインジケーターライトが搭載され、デコードレートに応じて色が変化します。DSDネイティブ再生時は白、DoP再生時は黄色、705〜768kHz PCM再生時は緑色、88〜384kHz PCM再生時は藍色、44.1/48kHz PCM再生時は紅色と再生中の状態を視覚的にも識別することができます。

イヤホン接続端子は3.5mmシングルエンド出力端子が採用されています。出力は16Ω 584mVrms ~ 600Ω 2.07Vrmsと、高性能なハイインピーダンスのヘッドホンもサポートしています。なお、4極マイク付きイヤホンを接続した場合、マイク機能は利用することができません。

本体重量は8gと非常に軽量で、簡単に持ち運びして使用することができます。

 

変換ケーブルタイプを採用した超小型のポータブルDAC「ATOM MINI」で、手軽にハイレゾ品質の高音質サウンドを持ち歩きませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました