コンパクトサイズに最大出力25W+25Wのデジタルアンプを搭載したパワーアンプ「FOSTEX AP25」登場!

この記事は約3分で読めます。

パッシブスピーカーはアクティブスピーカーと違い内部にアンプ(増幅器)回路が内蔵されていないので、外部にスピーカーを鳴らすパワーアンプが必要になります。パワーアンプは再生デバイスから出力された音声信号を増幅してパッシブスピーカーを鳴らすことができるレベルまで引き上げるデバイスです。アンプとスピーカーが分離することでそれぞれ自由に選ぶことができ、より高音質なサウンドシステムを構築することができます。

 

スポンサーリンク

「FOSTEX AP25」

「FOSTEX AP25」は、スピーカーシステムやDAC、ヘッドホンアンプ、ヘッドホン・イヤホンなどの音響関連デバイスを提供するFOSTEX(フォステクス)のパーソナルアンプ「APシリーズ」から登場したコンパクトサイズのパワーアンプです。

最大出力25W+25Wの高性能デジタルアンプを搭載し、パッシブスピーカーと接続することで手軽に高音質な音楽再生環境を構築することができます。デジタルアンプ以外にもオペアンプやコイル、コンデンサーなども高品位な音響専用パーツを採用した高音質化設計で、低歪、低ノイズが追求され、クリアで上質なサウンドを楽しむことができます。

プリアウト出力(RCA)が用意され、ボリュームによって音量調整された後の信号をラインレベルで出力する事ができます。サブウーハーや別のパワーアンプなどを接続してサウンドシステムを拡張することが可能です。アクティブサブウーハーを接続した場合は、ボリュームを操作することでマインスピーカーの音量と連動してサブウーハーの音量も同時に調整されます。

パッシブスピーカーの出力端子は、金メッキ仕上げのバナナプラグ&Yラグ対応のスクリュー式スピーカーターミナルが採用され、スピーカーとの確実な接続が可能です。

欧州の環境配備設計エコデザイン指令に適合したオートスタンバイ機能が搭載されています。入力が無信号あるいはそれに近い信号レベルの状態が続くと、自動的にスタンバイモードに切り換わり、消費電力を0.5W以下に低減することができます。底面のディップスイッチで機能のオン・オフ、スタンバイ状態になるまでの時間を1分か12分のいずれかに設定することができ、使用環境や用途に合わせて選ぶことができます。

入力端子はRCA入力1系統が用意され、入力感度は300mVです。スピーカーの適合負荷インピーダンスは4Ω~8Ωで、最大出力は25W+25W(負荷4Ω)/17W+17W(負荷8Ω)、周波数特性は20Hz〜20kHzで、全高周波歪率は0.01%以下(出力3W、負荷8Ω、1kHz)、S/Nは100dB以上です。

本体サイズは約幅133×高さ42×奥行き165mm(最大突起物含む)で、本体重量は約750gです。付属品としてACアダプター、スピーカーケーブル(1.5m)×2、ステレオRCAケーブル(1.5m)×1などが同梱されます。

 

コンパクトサイズでありながら最大25W+25Wの出力を実現できるパーソナルアンプ「FOSTEX AP25」で、高音質なサウンドシステムを構築しませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました