タブレットやスマホの画面も出力可能!4K/60Hz/HDR対応のUSB Type-C to HDMI変換アダプタ「500-KC035」登場!

この記事は約3分で読めます。

最近はノートPCやスマートフォン、タブレットなどで、USB Type-Cポートが搭載されたデバイスが増えています。

USB Type-Cポートには映像出力に対応したポートもあり、変換アダプタを使用すること大画面モニターやプロジェクターに出力することができます。

 

スポンサーリンク

USB Type-C to HDMI変換アダプタ「500-KC035」

「500-KC035」は、サンワダイレクトから登場したUSB Type-CからHDMIへ変換するアダプタです。

大画面に出力!

USB 3.1に対応したUSB Type-Cポートはオルタネートモードに対応し、USB規格以外の信号を流すことができます。このモードにより、USB Type-CケーブルでもHDMIの信号を流すことができ、テレビやモニタなどに映像出力することができます。

テレビやモニタに映像を出力するには対応したアダプタやケーブルが必要になります。

「500-KC035」は、USB Type-Cポートからの信号を、HDMI入力端子を持つディスプレイやプロジェクターなどに出力することができるアダプタです。映像出力に対応したノートPCやスマートフォン、タブレットなどの映像を大画面で出力することができ、動画鑑賞やパソコンのような画面操作も可能です。

4K/60Hz/HDR対応!

4K(3,840×2,160ドット)/60Hz出力に対応し、対応したデバイスであれば、高精細の4Kコンテンツを大画面の液晶テレビやディスプレイに出力することができます。

「HDR」(High Dynamic Range/ハイダイナミックレンジ)にも対応し、黒潰れや白飛びを防ぎ、より自然でリアルな映像を楽しむことが可能です。

HDCP2.2対応!

HDCP2.2に対応し、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixなど著作権保護のかかったコンテンツの出力もおこなうことができます。

DisplayPortからの音声出力に対応したデバイスでは、テレビやディスプレイとのHDMI接続で音声を出力することも可能です。

拡張モードにして大画面のワークスペースで作業したり、ミラー(複製)モードにしてプレゼンに活用したりすることができます。

約15cmのケーブルが付き、任意の方向に取り回すことができるので、配線の取り回しがしやすくなっています。

 

4K/60Hz/HDR環境に対応したUSB Type-C to HDMI変換アダプタ「500-KC035」で、簡単にノートPCやスマートフォン、タブレットの画面をテレビやプロジェクターなどの大画面で活用しませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました