2つの急速充電規格 PD3.0とQC3.0 を搭載したモバイルバッテリー「AUKEY PB-Y33」登場!液晶LCDディスプレイで残量確認も!

この記事は約3分で読めます。

モバイルデバイスの急速充電にはいくつかの規格があります。

USB PD(Power Delivery)とQC(Quick Charge)の両規格に対応したモバイルバッテリーであれば、最近のスマートフォンのほとんどの急速充電に対応することが可能です。

 

スポンサーリンク

モバイルバッテリー「PB-Y33」

「PB-Y33」は、スマートフォン周辺機器を開発・生産している「AUKEY」から登場したモバイルバッテリーです。

急速充電規格 USB PD3.0(Power Delivery3.0)と QC3.0(Quick Charge3.0)に両対応し、多くのスマートフォンを急速充電することができます。

USB PD3.0

USB PD(Power Delivery)はUSB Type-Cで利用できる急速充電規格です。USB PD3.0では、規格上では1つの端子から最大100W(20V/5A)もの電力を給電することができます。スマートフォンでは発熱や安全性の理由から、9V/2Aとか12V/1.5A程度での給電が多くなっています。

iPhoneは8・X以降の全モデル、GalaxyはS8以降の全モデル、XperiaはXZ Premium・XZ1以降の全モデルが対応しています。

QC3.0

QC(Quick Charge)は、アメリカのQualcommが開発した急速充電規格です。Qualcommは、モバイル向けチップ(SoC)を開発している企業です。QCは、基本的にQualcomm製のチップを搭載しているデバイスに対応しています。

日本で販売されている「Android」スマートフォンの大半はQualcommのチップを搭載し、QC対応デバイスとなります。

Quick Charge 3.0 では3.6~12Vなどの範囲を自動で最適に調整することができ、最大18Wの出力で充電をおこなうことができます。

3台同時充電可能!

「PB-Y33」は、PD3.0対応のUSB Type-Cポート×1と QC3.0対応のUSB Type-Aポート×2を搭載しています。独自のDynamic Detect機能によりデバイスを自動で判別し、最適な出力で急速充電をおこない、3台同時に充電することも可能です。

バッテリーの充電には、PD2.0対応のUSB-CとMicro-USBの2つが用意され、約4時間でフル充電することができます。

10,000mAhのリチウムポリマー電池を内蔵し、iPhone 11に約2.5回、 Samsung Galaxy Note8に約2回、iPhone11 Proに3回とほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。

液晶による残量表示!

本体前面に液晶LCDディスプレイを備え、バッテリーの残量が数字で表示され、充電のタイミングもわかりやすくなります。

過電圧保護、過充電保護、短絡保護などの保護機能を搭載し、安全に使うことができます。

本体サイズは約幅144×奥行き67×高さ15mmで、本体重量は約228gです。片手で簡単に収まり、スマホと一緒に持ち歩くのも負担になりません。

 

PD3.0とQC3.0の急速充電規格に対応した「PB-Y33」で、外出中の充電切れの不安を解消しませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました