夜でも安心の暗視機能搭載ドライブレコーダー「AUKEY DRS2」登場!デュアルカメラタイプで2種類の取り付け方法に対応!

この記事は約3分で読めます。

車に取り付けることで映像と音声を記録することができるドライブレコーダーは、万が一の際に役立つアイテムです。事故の時だけでなく、危険なあおり運転の被害時にもドライブレコーダーの映像は大切な証拠のひとつになります。

 

スポンサーリンク

デュアルカメラ搭載ドライブレコーダー「AUKEY DRS2」!

最近は前後を記録できる「デュアルカメラタイプ」のドライブレコーダーが注目されています。事故だけでなく、危険ドライバーによるあおり運転にも対応することができるからです。

AUKEYの「DRS2」は、IR暗視機能を搭載したデュアルカメラタイプのドライブレコーダーです。

2つ取り付け方法に対応!

取り付けにより、「前方+車内」や「前方+後方」の2種類のセッティングをすることができます。

「前方+車内」は、前方に加え車室内もフルハイビジョンの高精細な録画が可能です。車室内での業務記録や、家族での楽しいドライブの様子を記録することができます。

「前方+後方」は、危険なあおり運転などにも対応することが可能です。Full HD画質で、フロントは170°、リアは152°の広視野角で記録することができます。

LED赤線ライト暗視機能搭載!

センサーには、優れた暗視性能を持つ高品質のSONY IMX323センサーを搭載しています。2つの高品質赤外線LEDが搭載され、夜間、街灯の少ない道路や暗い駐車場など低照度での映像録画も可能で、車室内でのドライバーや後部座席に乗車している人の表情と音も記録することができます。

急激な明るさの変化でも!

急激な明るさの変化に強いWDRを搭載しています。逆光やトンネルの出入り口など明暗差が激しい環境時におきる「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、明瞭な映像を記録することが可能です。

安心の広視野角!

高精細なFull-HD画質(1080P/30fps)でクルマのナンバープレートの確認など、万一に備えた高画質な映像を記録することができます。フロントカメラが170°広角、リアカメラは152°広角を採用しているので、左右からのバイクのすり抜け、歩行者や自転車の飛び出しなど死角も少なく記録することが可能です。

視界を妨げない取り付け!

ドライブレコーダー本体はコンパクトなので、目立たずすっきりと取付けることができます。ドライブ中の視界を妨げることもなく、安心してドライブに集中することが可能です。

Gセンサー搭載!

衝撃を感知するGセンサーを搭載し、衝撃を緊急事態と判断して自動的に動画ファイルを保護することができます。記録の上書きを防止して、大事な証拠をしっかり守ることが可能です。

 

業界トップクラスの明るさ、「F1.8明るいレンズ」を採用したデュアルカメラタイプのドライブレコーダー「DRS2」で、万が一の事態に備えておきませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました