デュアルバンドWi-Fi 6ルーター「Archer AX23」登場!次世代の高速回線が利用可能に!

この記事は約3分で読めます。

TP-Linkから、デュアルバンドWi-Fi 6ルーター「Archer AX23」が登場です。次世代の高速回線が利用可能となり、最大で合計1775Mbpsの高速通信を実現します。

 

スポンサーリンク

「Archer AX23」

「Archer AX23」は、 IPv6 IPoEに対応したデュアルバンドWi-Fi 6ルーターです。

Wi-Fi 6テクノロジー!

Wi-Fi 6テクノロジーによる高速データ通信が可能です。

Wi-Fi 6は、WiFi規格「IEEE 802.11ax」のことです。最大通信速度が9.6Gbpsで、前世代の「Wi-Fi 5(11ac)」と比べて約1.4倍も高速です。8Kや4Kといった高解像度の映像配信が可能になったり、データの送受信にかかる時間が大幅に短縮されます。

新たに対応したOFDMA(直交周波数分割多元接続)では、一度に複数の端末へデータを送ることが可能となり、データ通信の効率が飛躍的に向上します。多台数の機器が同時にWi-Fiにつながっている状態でも、快適にWi-Fiを利用することが可能です。

次世代の高速回線が利用可能になることで、最大で合計1775Mbps(5GHz:1201Mbps + 2.4GHz:574Mbps)の高速通信を実現することができます。

IPv6 IPoEによる快適なインターネット接続にも対応し、契約回線がIPv6 IPoEに対応していれば、混雑を避けながらいつでも大容量通信をストレスなく楽しむことが可能です。また、IPv6ハードウェア・アクセラレーションの搭載により、IPv6、DS-Lite実装時に更なる高速化を実現することができます。

「ビームフォーミング」×「4本の外部アンテナ」

端末のある方向へ最適な電波を送信する「ビームフォーミング」に対応し、離れた場所でも安定したデータ送信が可能です。

4本の外部アンテナを装備し、複数の端末にそれぞれ異なる信号を同時送信することで通信速度の低下を防ぎます。

メッシュWi-Fi対応!

OneMeshに対応しているため、OneMesh中継器と組み合わせることで、メッシュWi-Fiネットワークの構築が可能です。

メッシュWi-Fiとは、対応機器それぞれが連携して作り出す1つの大きなWi-Fiネットワークのことです。OneMesh中継器と連携させれば、家のネットワークを1つにまとめることができます。部屋や階によっていちいちWi-Fiの接続先を変える必要もなく、移動しながらでも途切れることない快適なインターネット環境を楽しむことができます。

推奨利用環境は戸建て3階建、マンション4LDKで、最大接続台数は36台です。有線ポートは、ギガビットWANポート×1、ギガビットLANポート×4を備えています。

本体サイズは約幅260.2×高さ135×奥行き38.6mmです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました