アコースティック技術とエレクトロニクス技術の融合により「TRUE SOUND」を実現!完全ワイヤレスイヤホン「TW-E5B」登場!

この記事は約3分で読めます。

「TRUE SOUND」は、アーティストの想いや演奏をより身近に感じることのできる音体験です。ヤマハの楽器づくりで培われたアコースティック技術とプロオーディオ機器のノウハウが活かされたエレクトロニクス技術の融合により再現されています。

 

スポンサーリンク

「TW-E5B」

「TW-E5B」は、ヤマハから登場した「TRUE SOUND」を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。

7mmドライバーユニットとノズルが音導管の同軸上に配置されています。さらに硬度の高いピーク素材の振動板を採用し、クリアな高域再生を実現しています。筐体内部は突起物の少ない構造を採用し、ドライバー背面側に設けた空気穴で筐体内部の背圧をコントロールし、筐体内部の空気を最大限に活用し立体感と厚みのある低域再生を実現しています。

ヤマハの独自技術「リスニングケア」を採用し、音量に合わせて聴こえにくいと感じがちな低音域と高音域を楽曲本来のバランスに保ちながら最適化することができます。過度な音量アップを抑制し、耳への負担を軽減することができます。

音の遅延を抑える「ゲーミングモード」に対応しています。ゲームや動画の視聴時に気になる映像と音のズレを抑えることができ、快適にゲームや動画を楽しむことができます。

QualcommのオーディオSoCを採用し、TrueWireless Mirroringに対応しています。TrueWireless Mirroringは左右独立伝送方式で、左右のイヤホンに直接音声データを伝送することできる方式です。この方式は従来に比べて音切れしにくく、快適にサウンドを楽しむことができます。ロールスワッピング機能にも対応し、左右のバッテリー残量を判断し効率よくバッテリーを消費することで長時間サウンドを楽しむことが可能です。「アンビエントサウンド」機能も搭載し、外音を取り込みながら音楽を聴くことができ、周囲の音も気にしたい場合に便利です。

高性能MEMSマイクを搭載し、音声と雑音を分離して通話相手にノイズを伝えないようにするQualcomm cVc機能を採用しています。電話やテレビ会議などでもクリアな通話音声で快適なコミュニケーションを実現することができます。

スマートフォン専用のアプリ「Headphone Control」を使うことで、「リスニングケア」のオン/オフやバッテリー残量の確認、イコライザーによる音質調整などが可能です。イコライザーはイヤホン本体の音響特性に合わせて設計され、不要な響きを生じさせずに音質を調整することができます。

ハウジングデザインは耳の「対珠」部分にフィットするようにくぼみが設けられています。さらに、ハウジングの耳側部分を楕円形状とすることで装着時にイヤホンを回転させることでフィット感を調整することができます。

イヤホン単体で約8.5時間の連続再生を楽しむことができ、ケース併用で約30時間サウンドを楽しむことができます。IPX5相当の生活防水に対応し、突然の雨や汗、水しぶきからイヤホンを守ることができ、安心してサウンドを楽しむことができます。

Bluetoothのバージョンは5.2で、対応コーデックはSBC、AAC、aptX Adaptiveをサポートしています。再生周波数帯域は20Hz~20kHzです。

本体カラーは、ブラック、グレー、ブルー、ブラウンの4色が用意されています。

 

完全ワイヤレスイヤホン「TW-E5B」で、楽器メーカーならではの音質「TRUE SOUND」を楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました