ステレオスピーカーとサウンドバーの2通りの設置が可能なアクティブスピーカー「400-SP101」登場!

この記事は約3分で読めます。

アクティブスピーカーは、アンプを内蔵したスピーカーです。アンプを内蔵していないパッシブスピーカーと違い別にアンプを用意する必要がなく、デスク上などに省スペースで設置することができます。

 

スポンサーリンク

「400-SP101」

「400-SP101」は、パソコン周辺デバイスなどを展開しているサンワサプライ株式会社が運営している直販サイト「サンワダイレクト」から登場した、ステレオスピーカーとサウンドバーの2通りの設置が可能なUSB電源タイプのアクティブスピーカーです。

左右のスピーカーを離して2chタイプで設置することで広がりのあるサウンドを楽しんだり、左右のスピーカーを連結してサウンドバータイプにすることで、テレビや液晶モニター前のスペースに設置することもできます。

2chタイプで使用する場合のスピーカーサイズは、右側が約幅88×高さ190×奥行き90mm、左側が約幅72×高さ190×奥行き90mmで、左右のスピーカーを繋ぐケーブルは約95cmです。サウンドバータイプでしようする場合は約幅380×高さ88×奥行き72mmとなります。

スピーカー形式は、バスレフ型フルレンジスピーカーシステムを採用し、2インチのフルレンジユニットが搭載されています。実用最大出力は10W(5W+5W)で、再生周波数特性は20Hz〜20kHzです。

接続はBluetoothワイヤレス接続と3.5mmステレオミニプラグによる有線接続の2種類に対応しています。本体のボタンを押すだけで簡単に切り替えることができ、切り替え時には接続方法のアナウンスが流れます。

本体には3.5mmヘッドホンジャックと3.5mmマイクジャックを搭載し、パソコンのジャックを付け替えなくても、手元でヘッドホンやマイクを接続して使用することが可能です。

本体前面にはLEDライトを搭載し、赤・緑・青などの単色やグラデーションに点灯させることができます。音量調整時にも音量に応じてLEDライトが分かりやすく変化します。ボリューム調整はダイヤル式が採用され、直感で調整することが可能です。

電源はUSB給電方式が採用され、パソコンやテレビのUSBポート、ACアダプタなどから給電することができます。

Bluetoothのバージョンは5.0が採用され、対応プロファイルはA2DP、ACRCP、対応コーデックはSBCをサポートしています。本体重量は約704gです。

 

ステレオスピーカーとサウンドバーの2通りの設置が可能なUSB電源タイプのアクティブスピーカー「400-SP101」で、テレビやパソコンの音質を手軽にアップさせませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました