e☆イヤホン アルペックス社との共同開発イヤホン「Hi-Unitシリーズ」から新モデル発売!グラフェン振動板採用のハイレゾ対応モデル!

e☆イヤホンから、大阪のオーディオビジュアルアクセサリーメーカー・アルペックスとのコラボレーションにより開発した「Hi-Unitシリーズ」の新モデルとして、ハイレゾ対応イヤホン「ALPEX HSE-A2000」が、2018年5月31日(木)に発売されます。2,000円台の価格帯で、高解像度を追求したモデルです。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

ハイレゾ対応グラフェンドライバで原音を忠実に再現!

「HSE-A2000」は、アルペックス社との共同開発イヤホン「Hi-Unitシリーズ」の上位モデルにあたるハイレゾ対応イヤホンです。

この価格帯でどこまで「高解像度」を追い求めれるのかを目指し、e☆イヤホンとアルペックスが再度タッグを組みドライバー探しから実施して作りあげたモデルです。

音を奏でる上で非常に重要な振動板にダイヤモンドよりも硬いグラフェン素材を使用することで、振動を制御し歪みのないクリアな音像と締まりのある低音再生を実現しています。

ドライバーには、φ8mmダイナミック型を搭載し、しっかりとエッジの効いたサウンドを楽しむことができます。

筐体にはアルミ素材を採用し、全モデル「A1000」と比較して、さらに小型軽量化がはかられ、長時間の出ようでも快適な装着感とフィット感の向上を図っています。

再生周波数帯域は5Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは92dB、インピーダンスは16Ωとなっています。本体質量は10gです。

本体カラーは、グリーン、シルバー、シャンパンゴールド、ガンメタ、エメラルドブルー、レッド、ゴールド、ヴァイオレット、カーキの9色が用意され、好みやシーンに合わせて選ぶことができます。

2,000円台という価格帯でありながら、ハイレゾ対応グラフェンドライバを採用し、高解像度を追求したイヤホン「ALPEX HSE-A2000」で、手軽に高品質なサウンドを楽しみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)