2EST+2DD+1BAの5ドライバーによるハイブリッドイヤホン「ImperialURD」登場!

この記事は約3分で読めます。

EST(エレクトロスタティック)ドライバーは静電型ドライバーとも呼ばれ、高音の解像度が高くクリアで繊細なサウンドを鳴らすことができます。

 

スポンサーリンク

「ImperialURD」

「ImperialURD(インペリアルウルド)」は、Kinera Imperial(キネラインペリアル)から登場したハイブリッド型のイヤホンです。

2基のESTドライバー、2基のダイナミックドライバー、1基のバランスドアーマチュアドライバーの計5基のドライバーを搭載しています。

ESTドライバーにはSonion社製新世代のEST65DB01複合型デュアルエレクトロスタティックユニットを搭載しています。前世代よりも全体的に高域周波数特性が向上し、高域の伸びも強化されよりクリアで明るい音を実現します。

ダイナミックドライバーには8mmチタンクリスタルダイアフラム同軸ダブルダイナミックドライバーを搭載し、入念なチューニングにより強い音響性能、大きなダイナミクス、迅速な過渡応答、クリアな低域レベル、そして確かな質感を実現します。

バランスドアーマチュアドライバーにはカスタマイズされたK26005/9バランスド・アーマチュアユニットを搭載し、中間周波数帯域において男声・女声ともに明瞭でクリアなボーカルを実現します。

高域のESTドライバー、低域のダイナミックドライバー、中域のカスタムバランスドアーマチュアドライバーの3バンドが均等に配置されています。原音に寄り添ったうえで、ボーカル領域を明瞭化し、音全体で包み込むような感覚を持たせています。

ハウジングは3Dプリントで成形されフェイスプレートの真ん中にくぼみが作られています。フェイスプレートの端に向かって徐々に盛り上がっていく計6層構造の複雑なデザインが採用されています。濃淡の異なる特殊な顔料を混ぜ各層の構造を別々に鋳造し固形化することで名前の由来となった「ユルドの井戸」の水面を表現したいます。

イヤホンとケーブルの接続部には0.78mm2ピンのコネクタが採用されています。付属のケーブル(約1.2m)は高純度OCCシールドに外巻きの金メッキOCCと銀メッキOCCの混合素材を使用し音質を追求しています。特殊なシールド構造により、インピーダンスが安定し信号の伝送効率を高めています。プラグには4ピン着脱式プラグを採用し、2.5mmバランス、4.4mmバランス、3.5mmアンバランスを簡単に交換することができます。

イヤーチップには全体のバランスの良さに優れたバランスドチップ、高音域を開放しボーカルをより明瞭にするボーカルチップ、ボーカルと低音域を重厚にするフォームチップ、低音域を強調し歯擦音を抑えるファイナルタイプEの4種類が用意されています。

再生周波数帯域は5Hz〜50kHz、インピーダンスは20Ω、感度は107±2dBです。

 

2EST+2DD+1BAの5ドライバーによるハイブリッドイヤホン「ImperialURD」で、自然な聴き心地のサウンドを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました