最大300インチの大迫力映像でおうち時間が楽しめる!コンパクトサイズのwebOS搭載スマート4Kプロジェクター「HU710PW」登場!

この記事は約3分で読めます。

最近は自宅で過ごす時間も多くなっていると思います。おうち時間を充実させるアイテムとして、コンパクトサイズの大画面プロジェクター「HU710PW」が登場です。

 

スポンサーリンク

「HU710PW」

「HU710PW」は、最大300インチの大画面で映画やスポーツなどを楽しむことができるコンパクトサイズのプロジェクターです。

最大300インチ(幅約6.6m)もの大画面で、フルHDの4倍の情報量となる4K(3840×2160)の映像に対応しています。映画館のような大迫力画面で美しい映像を自宅で楽しむことができます。

青色レーザーと赤と青のLEDのハイブリッド型のランプを採用しています。青色レーザー+緑の蛍光体によって、鮮やかな緑を再現し、4K画質にふさわしい、明るさと色彩表現を実現しています。

カメラの「絞り」のように、周囲の環境光に応じてIris(虹彩)を開閉して、映像の明るさを調整する「ブライトネスオプティマイザー」に対応しています。明るい場所では虹彩を広げて明るさの範囲を広げ、暗い場所では虹彩を閉じて明るさの範囲を狭めます。

HDR映像ソースのコマごとのメタデータに従い映像を最適化する「ダイナミックトーンマッピング」に対応しています。フレームごとにトーンマッピングを変化させることができるので、常に適した明るさ、色彩を表現することができます。

レーザーの出力を映像のフレームごとに合わせて、明るさやコントラスト比を調整し、シーンに合わせた明暗差を再現する「アダプティブコントラスト」に対応しています。明るいシーンでは明るく、暗いシーンでは深い黒と陰影のディティールを維持することで映像に深みを与えます。

HDRの中でもっとも広く普及している「HDR10」をはじめ、主に衛星放送などテレビ放送向けのHDR規格「HLG」や、HDR対応ゲームコンテンツの安定した表示のガイドラインを定めた「HGiG」にも対応し様々なジャンルのフォーマットを再生することができます。

Wi-Fi接続(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)に対応しているので、webOSのインターネットブラウザやVODアプリを使用して、そのまま映像を楽しむことができます。有線LANにも対応し、大容量の動画コンテンツを安定して再生することもできます。

本体には、5W+5Wのステレオスピーカーを搭載しています。そのまま楽しむほか、内蔵スピーカー+外部スピーカーでサラウンド環境を構築することも可能です。「ドルビーアトモス」との互換性もあり、臨場感ある立体音響を楽しむこともできます。Bluetoothも搭載されているのでお気に入りのヘッドホンなどとワイヤレス接続が可能です。

入力端子は、HDMI×3、USB2.0×2が準備されています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました