大口径12.5mmドライバー搭載で迫力のある再生音を実現!マクセルBluetoothイヤホン「MXH-BTC300」発売!

マクセル(株)から、φ12.5mmの大口径ドライバー搭載のBluetoothイヤホン「MXH-BTC300」が、3月5日に発売されます。大口径ドライバー採用で迫力ある再生音を実現します。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

低域から高域まで迫力あるサウンドを楽しめる!

「MXH-BTC300」は、マクセル(株)から発売される、大口径φ12.5mmドライバーを採用したBluetoothイヤホンです。

大口径12.5mmドライバユニットを採用したことで、低域から高域までの広帯域で迫力ある再生音を実現することができます。

省電力で途切れにくく、遅延も少ないBluetooth4.1に対応し、BluetoothA2DP対応のスマートフォンや音楽プレイヤーとのワイヤレス接続も可能です。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはSBCをサポートし、ハンズフリー通話も可能となります。

また、2台までのマルチポイントに対応し、2台の携帯端末をお持ちの場合、同時に待ち受け状態にすることで、どちらの電話に着信しても応答、ハンズフリー通話が可能です。さらに、最大8台までのマルチペアリングにも対応しています。

内蔵の充電式リチウムイオン電池は約2.5時間の充電で、最大約6時間の連続再生が可能です。

ハウジングにはマグネットを内蔵し、使用しない時には左右のハウジングをくっつけて首から下げることも可能で、落下や紛失を防止することができます。

再生周波数帯域は20Hz – 20kHz、インピーダンスは16Ω、音圧感度は96dB/mWとなっています。

本体カラーはブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色が用意され、本体質量は約15g(ケーブル含む)です。

付属品としてイヤーチップ(S、M、L)3セットと充電用ケーブルが付いてきます。

大口径のドライバーを採用したことで、低域から高域までの広帯域で迫力ある再生音を実現することができるマクセルのBluetoothイヤホン「MXH-BTC300」で、快適なモバイルミュージックを楽しみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)