E Inkパネルを採用し読み書きに対応した10.3インチ電子ペーパータブレット「HUAWEI MatePad Paper」登場!

この記事は約5分で読めます。

E Inkは、電子ペーパーとも呼ばれることがある画面表示技術です。E Inkパネルを使用することで、紙のような質感や低消費電力、広視野角を実現することができます。液晶パネルと違いバックライトを使用しないので、チラつきのない画面を実現することができ、長時間利用しても目の負担になりにくくなっています。タブレットなどの電子デバイスに採用することで、ロングバッテリーのモデルであったり、まぶしい太陽光の下でもくっきりと表示内容を視認できる製品を作ることができます。しかし、カラー表示に関しては発展途上中で、モノクロや少ない色数もモデルがほとんどです。

 

スポンサーリンク

「HUAWEI MatePad Paper」

「HUAWEI MatePad Paper」は、世界有数の通信機器大手メーカーであるHUAWEI(ファーウェイ)のタブレット端末「HUAWEI MatePad」シリーズから登場したE Inkパネル採用の10.3インチ電子ペーパータブレットです。

ディスプレイは、10.3インチE Inkパネルが採用されています。発光した情報がそのまま目に入る一般的な液晶パネルと違い、外からの光が反射して目に入る方式のため、太陽光の下でもはっきりと内容を確認することができ、長時間の読書でも目に優しくなっています。

画面解像度は1,872×1,404ドット 227PPIで、画面占有率は86.3%です。やや大きめのサイズを採用することで、PDFのページをのびのびと広い画面で見ることができるなど、ビジネス用途にも活用することができます。

表示するコンテンツに応じて、自動または手動でリフレッシュレートを変更することが可能です。仕事の書類や電子ブックなどの動きの少ないコンテンツを表示する場合はリフレッシュレートを下げ、GIFアニメなど動きのあるコンテンツを表示する場合はリフレッシュレートを上げることで、表示を最適化することができ、いつでも快適な画面を見ることができます。

4096段階の筆圧感知に対応したスタイラスペン「HUAWEI M-Pencil(第2世代)」が付属しています。26msの低遅延による快適な書き心地が可能で、メモの作成やPDFへの書き込みをおこなうことができます。手書き入力は日本語にも対応し、手書きの文字を認識し、瞬時にテキストに変換することが可能です。

メモを作成する際に便利なメモ用テンプレートが標準搭載されています。議事録やToDo、コーネル式メモなど、ビジネスに役立つテンプレートも豊富に用意され、使用用途によって使い分けることができます。

画面分割機能が用意され、読書アプリとメモアプリを同時に起動し、画面を分割して表示することができます。スタイラスペンで右上から下へスワイプし、「画面分割メモ」をタップするだけで簡単に操作することが可能です。PDFのコンテンツを読んでいるときに直接ハイライトや注釈を書き込むこともできます。

4つのマイクと2つのスピーカーを搭載し、音声で会議を記録することもできます。録音中にタグをつけることも可能で、聴くときにはそのタグをタップすることで、すぐに聴きたい場所から再生することができます。

Huaweiがグローバルに展開する公式電子書籍ストア「HUAWEI Books」用のアプリがプリインストールされています。「HUAWEI Books」では、日本の書籍10万冊以上を含む国内外30万以上の書籍が取り揃えられています。電子書籍の正規配信サービスであることを示す「ABJ(Authorized Books of Japan)」に参加し、安心してコンテンツを楽しむことができます。

OSは、「HarmonyOS 2」が搭載されています。アプリはファーウェイ公式アプリストア「HUAWEI AppGallery」から追加することができます。サードパーティ製のアプリで電子書籍の閲覧やオーディオブックの視聴をすることも可能です。ファーウェイ公式のWebブラウザもプリインストールされ、ニュースメディアの閲覧や、ブラウザ上で展開されている電子書籍サービスを利用することもできます。

SoCはKirin 820Eが採用され、RAMは4GB、内蔵ストレージは64GBを搭載しています。電源ボタンには指紋認証機能が内蔵され、内密のメモなどをロックすることができ、プライバシーを保護することが可能です。

3,625mAhの大容量バッテリーを搭載し、毎日2時間の読書、30分のメモを利用する場合で約6日間の連続使用が、スリープモードでは約28日間待機状態を持続することができます。充電時間は、付属のACアダプタ(最大22.5W)を使用することで約1.5時間で完了させることができます。また、急速充電にも対応し、約10分の充電で約5時間使用することができます。

ネットワーク機能はBluetooth 5.2 BLE/Wi-Fi 6(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax、2×2 MIMO、2.4GHz及び5GHz)をサポートしています。HUAWEIのスマートフォンとクリックで簡単にデータを共有するBluetoothファイル転送や、HUAWEIのPCとドラッグで簡単にファイルを転送することができるPCデータ同期に対応しています。

本体サイズは約幅182.7×高さ225.2×奥行き6.65mmで、本体重量は約360gです。付属品として、HUAWEI M-Pencil (第2世代) 、HUAWEI MatePad Paper 専用カバー、22.5W充電器、USB Type-C ケーブル、交換用ペン先×2などが同梱されます。

 

E Inkパネルを採用し長時間使用することが可能な10.3インチ電子ペーパータブレット「HUAWEI MatePad Paper」で、読書やビジネスを快適なに進めませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました