ESS製ハイスペックDACチップ「ES9068AS」搭載で性能向上を実現!FiiO DAP「M11 Plus ESS」登場!

この記事は約3分で読めます。

FiiOから、ESS製ハイスペックDACチップを搭載したDAP「M11 Plus ESS」が登場しました。

 

スポンサーリンク

「M11 Plus ESS」

「M11 Plus ESS」は、FiiOの中核DAPとして高評価を獲得した「M11 Plus LTD」の後継モデルです。

「M11 Plus LTD」に搭載していたDACチップ「AK4497EQ」から、ESS Technology製オーディオ用ハイスペックDACチップ「ES9068AS」に変更され性能向上が実現しています。「ES9068AS」は2基搭載され左右独立構成になっています。

前モデルでも採用されたTHXの特許技術アンプテクノロジー「AAA-78」アンプをベースとした第二世代ヘッドフォンアンプを2基搭載し、D/Aセクションもブラッシュアップされています。ローパスフィルターに使用されるオペアンプがチップの特性に合わせ「OPA1662」から「OPA927」に変更されています。ボリュームIC回路を廃止し、音量調整機能をDACチップに受け持たせることで特性の向上を実現しています。

2.5mmバランス出力時のS/N比が120.5dBから126dBへと最大5.5dB向上、歪み率を表すTHD+Nは0.00146%未満から0.00085%以下(1kHz/32Ω時)へと向上しています。さらに最大出力が588mWから660mW(32Ω /THD+N<1%)へと強化されながら、連続再生時間は低消費電力DACチップにより最大10時間から最大14時間へと伸長されています。

最大384kHz/32bitのPCMデータ、11.2MHz(DSD256)までの DSDデータの再生に対応しています。さらに、USB DACやUSBトランスポートにも対応しています。

3.5mmシングルエンド・ヘッドホン出力と2.5mm/4.4mmのバランス・ヘッドホン出力に加えて、3.5㎜ライン出力機能、4.4mmバランスライン出力機能が装備されています。ライン出力時には、ヘッドホンアンプ部はバイパスされ、より高純度のオーディオ信号を出力することができます。

Bluetooth5.0に対応し、送信はSBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC、受信はSBC/AAC/LDACのコーデックをサポートしています。

Qualcomm製8コアSoC「Snapdragon 660」搭載やセパレート設計電源回路、第4世代FPGA+NDK製フェムト・クロック水晶発振器による「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム」、5.5インチ・18:9のベゼルレス液晶、ボタン+タッチパネルの次世代ボリューム・システムなどが採用されています。

本体サイズは約136.6×75.7×17.6mmで、本体重量は約295gです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました