パソコン不要で簡単にアナログ音源をデジタル化して保存できる「400-MEDI025」発売!カセットやレコードの音源がデジタルで蘇る!

昔よく聴いていたカセットテープやレコードなどのアナログ音源を聴いていますか?

簡単に再生して聴くことができるデジタル音源に比べて、カセットテープやレコードなどのアナログ音源は入れ替えの手間がかかったり、頭出しが簡単にできないなどいつでもどこでも楽しむということが難しいです。

アナログ音源は丁寧にメンテナンスしていれば良い音質のサウンドを楽しむことができますが、メンテナンスを怠って部屋の隅でホコリをかぶっていませんか。

そんなアナログ音源をパソコン不要で簡単にMP3のデジタル音源に変換し、USBメモリやSDHCカードに保存できるオーディオキャプチャー「400-MEDI025」が、サンワサプライから発売されました。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

接続して録音ボタンを押すだけで簡単に!

「400-MEDI025」は、サンワサプライ株式会社から発売された、再生機器と本体を接続するだけで簡単にアナログ音源をUSBメモリやSDHCカードにデジタル音源化して録音できるオーディオキャプチャーです。

サンワサプライ株式会社は、PCデスクや各種カバー、USB機器、Bluetooth関連機器などさまざまなパソコン周辺商品などを販売しているパソコンサプライ製品メーカーです。

「400-MEDI025」は、パソコン不要でアナログ音源をデジタル音源化できるので、簡単に昔のカセットテープやレコードなどのアナログ音源をデジタル音源で持ち歩いたりすることができるようになります。

カセットテープを再生する機器はかなり少なくなってきて選択肢も限られてきます。また、カセットテープはテープが劣化し切れてしまうなど再生できなくなるかもしれません。

レコードも最近は新譜も出るなど注目されていますが、やはり再生機器の選択肢は限られてきます。保存状態によっては反りが生じたりして音質に影響を与えてしまいます。

そんなことになる前に、今ある再生機器でアナログ音源を再生しデジタル化して保存しておけば安心できます。

使い方は非常に簡単です。はじめに、本体に付属のACアダプタとUSB給電ケーブルを接続し、ACアダプタをコンセントに挿します。つぎに、32GBまでのUSBメモリかSDHCカードを本体に接続します。ラジカセやオーディオコンポなどのカセットテープやレコードを再生する機器の出力端子と本体の入力端子を、3.5mmステレオミニプラグのケーブルまたはRCAケーブル(別売り)で接続します。

あとは、カセットテープやレコードの再生をして、デジタル音源化したい箇所の始まりと終わりでリモコンの録音ボタンか本体のキャプチャーボタンを押すだけです。録音データは、USBメモリやSDHCカードに128kbpsのMP3で保存されます。

無音感知機能も搭載されているので、カセットテープやレコードなど無音部分で分割して保存し、好きな曲を自由に再生したりすることもできます。

キャプチャーした音声はもちろんスマホやパソコンなど幅広いデバイスで利用することができます。デジタル化したデータなので音源の劣化がなく、半永久的に保存することが可能です。バックアップさえしっかりしていれば音源が聴けなることはありません。カセットテープやレコードの様に場所をとることなく部屋をスッキリさせることもできます。

RCAと3.5mmステレオミニプラグが接続できれば、テレビやラジオの音声をMP3のデジタル音で録音することも可能です。

MP3ファイルの再生にも対応していますので、スピーカーやイヤホンを接続することで保存したデジタルデータを再生することができます。再生できるのは、USBメモリやSDHCカード内の「TAPEMP3」フォルダ内にあるファイルだけで、他のデバイスで作成されたMP3ファイルもコピーすることで再生することもできますが、全てのMP3ファイルの再生は保証されていませんので注意して下さい。

本体サイズは約幅66×奥行き62×高さ23mmとコンパクトで、電源はUSBバスパワーで動作します。

昔の思い出がたくさん録音されていたり、デジタル音源では入手出来ないカセットテープやレコードのアナログ音源が簡単にデジタル音源化できるサンワサプライ「400-MEDI025」で、昔の音源を蘇らせ素敵なミュージックライフを取り戻しませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

 にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)