NEWウォークマンはAndroid 11採用!ストリーミングサービスにも対応した「NW-WM1ZM2」登場!

この記事は約3分で読めます。

ウォークマンは、ソニーが発売するポータブルオーディオプレーヤーです。今回ウォークマンの新モデルとして「NW-WM1ZM2」が登場しました。

 

スポンサーリンク

「NW-WM1ZM2」

「NW-WM1ZM2」は、ソニーの「Signature Series(シグネチャーシリーズ)」から登場したフラグシップモデルのウォークマンです。

Android 11を搭載し、Google Playストアから豊富なアプリをダウンロードすることができます。Amazon MusicやApple Music、LINE MUSIC、Spotify、YouTube Musicなどのストリーミングサービスをインストールすることができ、多彩で膨大な楽曲を楽しむことができます。

ハイレゾストリーミングにも対応し、ハイレゾ音質の楽曲を音楽専用機ならではの高音質で再生することができます。

ハイレゾ再生対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し、DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)およびリニアPCM再生(最大384kHz/32bit)に対応しています。

「DSDリマスタリングエンジン」を搭載し、元のデータの情報量を損なわず、すべてのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換することが可能です。

「DSEE Ultimate」に対応し、AI(人工知能)技術により、リアルタイムに楽曲を分析して、圧縮音源を最適にハイレゾ相当の高温室にアップスケーリングすることができます。

USB Audioにも対応し、USB DACアンプ等とデジタル接続して楽しんだり、パソコンとウォークマンを接続し、パソコンの音楽をハイレゾで楽しむこともできます。

3.5mmステレオミニジャックの他に、4.4mm径のヘッドホンバランスジャックも採用しています。バランス出力は左右の音を完全に分離し、クロストークを限りなく低減することで、ノイズの少ないサウンドを再現することができます。

筐体には、金メッキを施した純度約99.99%の無酸素銅切削を採用しています。各パーツの高音質パーツを吟味して搭載され、伸びのある澄んだ高音や、クリアでより力強い低音域を実現します。

ハードウェアボタンが本体側面に配置され、基本操作(再生/停止、曲送り/曲戻し、音量調節など)が可能です。5.0型HD(1280×720ドット)タッチパネル液晶も搭載されています。音楽再生に特化した新UIにより、スムーズに操作することができます。

データ転送および充電用端子には、USB Type-C(USB3.2 Gen1)を採用しています。データ転送速度と充電時間が高速化し、充電時間は約3時間で80%、約4.5時間で満充電が可能です。連続再生時間は最大約40時間(W.ミュージック、FLAC 96kHz/24bit、有線接続)です。

Bluetoothバージョンは5.0で、対応コーデックはSBC、AAC、LDAC、aptX、aptX HDをサポートしています。

 

ウォークマンの新モデル「NW-WM1ZM2」で、最高のサウンドを楽しみませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました