直射日光でも見やすいカラーMIPディスプレイ採用の活動量計!アクティビティトラッカーvivoシリーズの最新モデル「vivofit 4」発売!

GPSウォッチのリーディングメーカーのガーミンジャパン株式会社は、アクティビティトラッカーvivoシリーズの最新モデル「vivofit 4(ヴィヴォフィット4)」を、2018年3月1日(木)から発売します。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

アクティビティトラッカーvivoシリーズの最新モデル!

ガーミンジャパン株式会社は、携帯型のGPSレシーバーやGPSを搭載したマルチスポーツウォッチ、ライフログ端末などを提供している米国Garmin社の日本法人です。

今回発売される「vivofit 4」は、24時間快適に装着することができ、アクティビティの記録をより手軽に身近にできるようになった活動量計です。

バッテリー寿命が約1年間のため、充電の必要なく24時間365日アクティビティを記録することができます。防水機能も搭載し、プールやシャワーデモ安全に使用することができます。

視認性が高く、消費電力が少ない低反射カラーMIPディスプレイを採用し、直射日光の下でも見やすくなっています。カラーテーマ、ウォッチフェイスやテキストフレーズでスクリーンをカスタマイズしたり、バンドを別のものに交換することで自分好みにアレンジすることができます。天気ウィジェットやアラーム設定、カウントダウンタイマーなど生活を便利にする機能も搭載されています。

アクティビティトラッカーとしての機能も充実し、ステップ数、歩行距離、消費カロリーなどを自動的に計測することが可能です。また、睡眠状態の記録も撮ることができます。

Move IQ機能の利用で、ランニングやスイミング、バイク、水泳などの様々なアクティビティを自動で検索し記録することができます。ウォーキングやランニングでは、自動でアクティビティタイマーを開始することもできます。取得したアクティビティデータはGarmin Connectで確認することができます。

また、「vívofit 4」は、ステップ数、距離、消費カロリー、睡眠を記録するだけでなく、静止時間も記録します。長時間静止しているとムーブバーが色で表示し、警告してきます。ムーブバーは数分間歩くとリセットすることができます。

「vívofit 4」は、現在の活動レベルを学習して、達成可能な1日の目標ステップ数が設定されます。1日の目標を達成すると、次の日の目標が自動的に設定され、より健康的なライフスタイルを可能にします。

Garmin Connectに定期的に同期することで、カラフルなアクティビティカードでひと目で全ての統計情報を確認することができます。スクロールダウンして過去の結果と簡単に比較したり、タップして詳細な情報を表示することも可能です。

Toe-to-Toe機能を使用して、子どもたちと一緒にステップ競争に挑戦したりすることもできます。近くにある「vívofit jr. 2」や別の「vívofit 4」にワイヤレスで接続し、その場でステップ数を競うことができます。楽しみながら日々のトレーニングをおこなうことが可能です。

本体カラーはレギュラーサイズ(バンドサイズ122-188mm)が、Black、White、Black Speckleの3モデルで、Lサイズ(バンドサイズ148-215mm)がBlackのみとなっています。

アクティビティトラッカーに機能を絞り込むことで、1年間の電池寿命を確保したガーミンの新しい活動量計「vivofit 4」で、健康的な毎日をすごしてみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)