ソニー モバイルバッテリー機能も装備した超小型モバイルプロジェクター「MP-CD1」発売!投影中でもUSBデバイスの充電が可能!

ソニーから、薄型軽量のモバイルプロジェクター「MP-CD1」が、2018年4月25日(水)に発売されます。モバイルバッテリー機能も装備し、投影中でもスマートフォンなどの他のUSBデバイスの充電をおこなうことができます。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

スリム&コンパクト設計のプロジェクター!

「MP-CD1」は、ソニーから発売される、厚さ約16mm、重量約280gのスリム&コンパクト筐体を採用したモバイルDLPプロジェクターです。

ソニー独自の輝度最適化設計で105ANSIルーメンの明るさを実現しています。プロジェクターモジュールにはTexas Instruments社のDLPを採用し、IntelliBright技術によってリアルタイムに画像コンテンツを解析し、画像の輝度・コントラストを向上させ、電力消費も最小限に抑えることが可能です。Texas Instruments社のDLPは、小型ながらも動画を含む画像再現性や色域階調、明るさを実現することができ、電力コントロール等も非常に効率的に設計されています。

プロジェクターの電源を入れてから画像が投射されるまで約5秒の高速設計で、LED光源とDLPモジュールが速やかに駆動します。会議やプレゼンテーションなど、ビジネスシーンでも相手を待たせることなくすぐに大画面に画像投写が可能です。

本体を傾けた位置から投射しても、傾きを検知して画面を見やすい四角形に自動で歪みを補正することも可能です。

画質モードには、標準画質とダイナミックピクチャーの2モードを搭載し、投写中に電源ボタンの単押しで簡単にモードを切り替えて使用することができます。

投写する環境によって画面の大きさが調整可能で、投写画面サイズは本体の投写口からの距離によって40型(距離115cm)から120型(距離345cm)が推奨されています。

側面にある「フォーカススライドキー」で、シームレスにフォーカスの調整が可能です。

本体には出力1.0Wのモノラルスピーカーを搭載し、大画面を投射しながら音声を聞くこともできます。また、オーディオ出力端子を搭載していますので、ヘッドホンや外部スピーカーを接続して、音声を流すことも可能です。

光源にはLEDを採用し、配置や筐体の放熱構造によって約50,000時間の長寿命を実現しています(仕様環境等により実際の寿命は異なります)。

内蔵の5,000mAhリチウムイオンバッテリーは、最大3.0AのUSB Type-Cによる急速充電に対応し、約2.5時間でフル充電することができます。フル充電状態で約2時間の連続投写が可能です。

また、他のUSBデバイスを充電することができるモバイルバッテリー機能も搭載し、プロジェクターを投写中でもスマートフォンなどのUSBデバイスに充電することも可能です。

発熱抑制システム、充電スマート制御ICチップ、ゲルポリマーバッテリー採用などの安全設計により、安心して利用することができます。

本体サイズは約幅83×奥行き16×高さ150mmで、本体重量は約280gと軽量・コンパクトで持ち運びしやすく、外出先でも簡単に大画面の映像を写し出すことが可能です。

持ち運びに便利な本体ケースも付属し、ほかに、HDMIケーブル(1m)、USB-C-USB-Cケーブル(1m)、USB-Cアダプターケーブル(3cm)が付属しています。

薄型軽量のモバイルプロジェクター「MP-CD1」で、スマートにビジネスシーンを演出してみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)