いまさら聞けない「SIMカードってなに」

この記事は約2分で読めます。

スマホや携帯を使っている人は、SIMカードという言葉を一度は耳にしたことありませんか?

SIMカードとは一体何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

SIMカードとは

SIMカードは、スマホや携帯などのモバイル端末を使って音声通話やデータ通信をするために必要なICカードのことです。

SIMカードにはそれぞれ固有のID番号が割り振られています。

他に電話番号や加入者識別番号などが記録され、それらをもとにして音声通話やデータ通信をすることができるのです。

 

スポンサーリンク

SIMカードの種類

スマホなどで使われるSIMカードは3つのサイズがあります。

標準SIM(miniSIM)、microSIM、nanoSIMの3種類です。

標準SIMは15mm×25mm。ガラケーや初期のスマートフォンで使われていました。

microSIMは12mm×15mmで標準SIMの約半分のサイズです。LTE回線時代のスマホや多くの格安スマホで使われています。

nanoSIMは8.8mm×12.3mm。iPhomeで積極的に採用され、今後主流になっていくと思われます。

どのサイズでも同じ機能を持っていまので、小さいサイズから大きいサイズへの変換アダプターも販売されています。

 

スポンサーリンク

SIMカードを使うには

SIMカードはそのサイズに対応したモバイル端末に挿入して使います。

SIMフリーの端末であればそのまま使えることが多いですが、

キャリアの端末などでSIMロックがかかっていると窓口に行ってロックを解除してもらわなければ使うことができません。

 

スポンサーリンク

まとめ

新たに格安SIMなどと契約してSIMカードを選ぶ時は、nanoSIMカードを選びましょう。

nanoSIMカードを選んでおけばアダプターでmicroSIM端末で使うことができます。

microSIMカードの場合nanoSIM端末で使うことはできないため、有料でnanoSIMカードに変更しなければならなくなります。

 

新しいSIMカードにはnanoSIMを

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました