iPhone用フォトプリンタ「PRYNT POCKET」にハローキティコラボモデルが登場!専用フレーム用紙やグリーティングカードも同時発売!

米国・PRYNT(プリント)社のフォトプリンタ「PRYNT POCKET(プリントポケット)」のハローキティコラボーレーションモデルが、2018年3月9日(金)にバリュートレード株式会社から発売されます。ハローキティデザインの専用フレーム用紙やグリーティングカードも同時に発売されます。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

人気のフォトプリンタのハローキティコラボモデル!

「PRYNT POCKET」は、米国・PRYNT社が製造し、ワイヤレスオーディオ機器やIoT機器の輸入販売を行うバリュートレード株式会社が販売する、iPhone用フォトプリンタです。

iPhoneと接続するだけで、面倒な設定は必要なく、わずか20秒足らずで写真をプリントすることができます。

写真をプリントするだけでなく、AR(拡張現実)を使って写真に10秒間のムービーを埋め込むこともできます。プリントした写真を、iPhoneのPRYNTアプリでスキャンすると、静止画だった写真が音声つきで動き出します。写真では伝えられない音声メッセージや、臨場感をより鮮明に伝えることができます。

ハローキティとのコラボモデルはボディーカラーがピンクとなり、随所にハローキティとりんごをあしらったキュートなデザインとなっています。

また、「PRYNT POCKET」の専用用紙として販売されている「ZINK Sticker Paper」にもハローキティバージョンのフレームを使用可能なパッケージが3種類(A/B/C)発売されます。

A/B/CそれぞれのパッケージにはiPhone用のPRYNTアプリ内で各2種類のハローキティフレームを使えるようになるコードが付録しています。

さらに、プリントした写真をギフトカードにする「Surprise Greeting Card」も同時発売されます。バースデーやメモリアルのお祝いメッセージを動画に込めて伝えるサプライズに役立つ専用台紙となっております。

「PRYNT POCKET」本体には、グリップ、シャッターとズームダイヤル、ストラップホールが付いています。本体は、ラバーの質感が高く、手によく馴染む形状で、プリンターというより、高級一眼レフカメラのような使い心地です。

本体サイズはカートリッジ込みで約幅8×高さ11.5×奥行き5cmで、重さはペーパーカートリッジ込みで210gと持ち運びも簡単なコンパクトです。

リチウムイオンバッテリーを内蔵していますのでiPhoneからの電源供給は不要で、内蔵バッテリーは約3時間の充電で約20枚の写真をプリントできます。本体の充電はmicroUSBケーブルを使用しておこないますので、モバイルバッテリーなどと併用すれば、もっとたくさんの写真をプリントすることも可能です。

iPhoneで撮った写真をその場で簡単にプリントできる「PRYNT POCKET」のハローキティコラボレーションモデルで、楽しく写真をプリントして、みんなで盛り上がりませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)