口座振替ができる格安SIM

この記事は約2分で読めます。

格安SIMの料金の支払いは、ほとんどの場合クレジットカードです。

しかし、一部口座振替に対応しているMVNOもありますのでまとめてみました。

 

スポンサーリンク

口座振替に対応しているMVNO

楽天モバイル

事務手数料、月額基本料の支払いに口座振替が利用できます。

ただし、毎月手数料として100円(税別)請求されます。

 

OCN モバイル ONE

カスタマーズフロントへ連絡することで口座振替で契約することができます。

ただし、開通まで数週間かかります。

 

BIGLOBE LTE・3G

電話で入会センターか郵送で資料請求しての契約なら口座振替ができます。

ただし、初回契約時はデータ通信専用SIMのみです。

また、手数料として200円請求されます。

契約後にデータ通信サービスから音声通話サービスに変更すれば、

音声通話SIMでの口座振替もできます。

 

もしもシークス

契約するときに6,000円の保証金が必要になります。

また、一部代理店でのみ契約できるということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上のMVNOで新規での格安SIM契約が、口座振替を選択できます。

どうしてもクレジットカードを作りたくない・作れないのなら仕方ないですが、

口座振替よりクレジットカードのほうがいいですね。

選択できるMVNOの数が全然違いますので、

自分にあった格安SIMの契約をすることができます。

 

クレジットカード1枚は持っておきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました