「Firefox」のMozillaが「あとで読む」アプリの「Pocket」を買収!

この記事は約1分で読めます。

ウェブブラウザのFirefoxを提供するMozillaは、「あとで読む」系アプリの「Pocket」を買収したそうです。

 

「Pocket」は記事やビデオなど様々なコンテンツを「後で読む」ために保存しておくサービスです。

「Pocket」に保存したコンテンツは、スマホやタブレット、パソコンなど様々なデバイスで読むことができ、OSもAndroid、iOS、Windowsなどで利用することができます。

「Pocket」のアクティブユーザー数は月間1,000万規模で、30億以上のコンテンツが保存されています。

 

「Firefox」は様々なアドオン(プラグイン)を使えるWebブラウザとして有名ですが、「Pocket」も元は「Firefox」のアドオンのひとつとしてスタートしました。

2015年6月には、「Firefox」に「Pocket」の機能が結合され、さらに今回の「Mozilla」への「Pocket」参加へとつながったそうです。

 

「Pocket」はMozillaの傘下になっても、引き続き独立したサービスを運営するそうです。

しばらくは今までと同じように「Pocket」を使えると思いますが、そのさきも今まで以上の「Pocket」が使えることを期待しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました