AIプロセッサー内蔵、ファーウェイ次世代スマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」を「DMM mobile」で受付開始!

格安SIM「DMM mobile」は、ファーウェイ・ジャパン製スマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」の申し込み受け付けを、2018年1月18日(木)より開始しました。AIプロセッサを内蔵し、AIが被写体に寄って最適な撮影方法を自動で選択するファーウェイの新世代スマートフォンです。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

AIプロセッサー内蔵、新世代スマートフォン誕生!

「DMM mobile」は、株式会社DMM.comが提供するMVNOサービスで、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)からのサービス提供を受け、ドコモLTE/3G回線を利用した格安SIMによる通信サービスを展開しています。

今回申込受付を開始した「HUAWEI Mate 10 Pro」は、「P10 Plus」などのPシリーズと双璧をなすMateシリーズの、最新のフラッグシップモデルです。

AIプログラム専用の処理を行う「NPU」(Neural-network Processing Unit)を搭載した、ファーウェイ独自のチップセット「Kirin 970(2.36GHz+1.8GHz、オクタコア)」を採用し、通常の高い処理性能に加えて、カメラで威力を発揮します。被写体を自動で認識して、最適な撮影方法を選択したり、人物を的確に認識しtえ、被写体に正確にピントを合わせつつ、背景のみを美しくぼかすなどの機能を実現しています。

カメラには、Leicaダブルレンズカメラを搭載し、1200万画素のRGBセンサーと2000万画素のモノクロセンサーで構成されています。レーザー、デプス、コントラスト、像面位相差からなる「4-in-1 ハイブリッドフォーカス」のほか、2倍のハイブリッドズーム、光学式手ぶれ補正(OIS)に対応しています。

ディスプレイには18:9の縦長の6インチ有機ELディスプレイ(1,080×2,160ドット)を採用しながら、超狭額縁との組み合わせで横幅は74.5mmと抑えられています。

内蔵バッテリーは4,000mAhと大容量で、急速充電にも対応しています。RAMは6GBを搭載し、ストレージは128GBと大容量を搭載しています。

SIMカードスロットは、nanoSIMカードスロットを2つ装備し、デュアルSIM・デュアル待ち受け(DSDS)にも対応しています。

ファーウェイ製SIMフリースマホとしては初のIP67の耐水・防塵にも対応しています。

背面に指紋認証センサーを搭載し、GPS、加速度、環境光、気圧などの各センサーが装備されています。

なお本体には、3.5mmステレオミニジャックおよびmicroSDカードスロットは搭載されていないので注意して下さい。

USB Type-C端子に接続するハイレゾ対応イヤホン、USB Type-C端子を3.5mmのステレオミニジャックに変換するアダプターが付属してきますので、こちらを利用して下さい。

本体サイズは約幅74.5×奥行き154.2×厚さ7.9mmで、本体重量は約178gです。本体カラーは、ミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2色が用意されています。

ファーウェイのMateシリーズのフラッグシップモデル「HUAWEI Mate 10 Pro」と格安SIM「DMM mobile」で、最新スペックのスマートフォンで格安SIM生活を楽しみませんか。


【DMMモバイル】加入するなら今がチャンス

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)