DJI コンパクトで使いやすい3軸ジンバル搭載カメラ「OSMO POCKET」発売!一生に一度の大切な瞬間を滑らかな動画で撮影!

クリエイティブな映像技術で世界をリードする DJI から、誰でも簡単に使用できるコンパクトな3軸ジンバル搭載カメラ「OSMO POCKET」が、2018年12月15日(土)に発売されます。携帯性も抜群で動画や写真の撮影をインテリジェント機能でアシストできます。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

驚くほど小さいのにとってもスムーズな映像!

「OSMO POCKET」は、手持ちタイプで DJI 史上最も小さい3軸メカニカルジンバルです。

ジンバルとは、動画の手ブレや揺れを抑えてスムーズな映像を撮影することを可能にする機械で、電子式や光学式の手ブレ補正のような細かな振動だけでなく、歩いたときの大きなブレも補正することが可能です。

今回発売される「OSMO POCKET」は、わずか12cmあまりの大きさの超小型3軸ジンバル搭載カメラです。

最先端の3軸ジンバルが動きをリアルタイムで補正し、滑らかな映像を撮影することが可能なので、構図や被写体に集中することができます。

ずっと残しておきたい特別な瞬間を、まるで映画のようなスムーズな映像で残すことが可能です。

手にすっぽりと収まるコンパクトな本体でありながら、1/2.3インチセンサーを搭載し、最大4K 60fps 100Mbpsの動画と1,200万画素の静止画を撮影することができます。

80°の視野角(FOV)、F2.0の絞りを搭載しているので、驚くほどの再現性で写真をスナップすることが可能です。

内蔵デュアルマイクと高度ノイズキャンセリングのアルゴリズムを使用して、映像に合わせて高品質オーディオを録音することができます。

内蔵された1インチの一体型タッチスクリーンで映像を確認しながらの撮影も可能です。

タッチスクリーンとボタンはすばやく片手で操作することができるので、スワイプやタップを数回するだけで、モードを変更したり、設定を調整したりすることができます。

様々な映像効果を使用した撮影も可能で、アクティブトラック、フェイストラック、タイムラプス& モーションラプス、FPVモード、パノラマモードなどの機能でより創造的な演出の撮影をすることができます。

ユニバーサルポートを使用すれば、Lightning端子もしくはUSB-C端子を搭載したモバイル端末を接続することが可能です。

接続することで、専用アプリの「DJI Mimo」が自動的に立ち上がり、モニターとして使用することができます。

アプリのメニューには、多彩なインテリジェンス機能と録画モードも搭載されています。

ストーリーモードでは、プリセットされた様々な音楽やビデオトランジション、カラーリングで、動画をより創造的に編集することができます。

プロモードでは、露出、ISO、シャッタースピードなどのカメラパラメーターを手動で調整することができ、強力な画像処理能力により、RAW形式の写真やD-Cinelikeの動画も撮影することが可能です。

また、様々な別売りのアクセサリーも用意され、撮影シーンに合わせたアクセサリーを選択することで「OSMO POCKET」の可能性を広げることができます。

スマートフォン間のWi-Fi接続やBluetooth接続に対応したワイヤレスモジュールや、主要アクションカメラのアクセサリーを取り付けることができるアクセサリーマウント、ジンバルの動きをより正確に制御できるコントローラーホイール、防水ケース、延長ロッドなどが用意されています。

超小型で誰でも簡単にスムーズな映像や様々な撮影が可能な3軸ジンバル搭載カメラ「OSMO POCKET」で、大切な瞬間を美しい映像で残しませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)