ついにスマホとガラケーの2台持ちを卒業しました!第4キャリアのワイモバイル契約までの長い道のり!

ついにガラケーを卒業しました!

8月に auガラケーの2年縛りの更新月になったで、この機会にスマホとガラケーの2台持ちを卒業し、携帯電話のデバイスもスマホに統一することにしました。契約した回線は格安SIMとも言われることのある、第4キャリアのワイモバイルです。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

「Y!mobile」に決定するまでの道のりは長かった!

先日、携帯電話回線を au からワイモバイルに MNP(携帯電話番号ポータビリティ)で移行しました。

ずっと au のケータイ3G回線のプランSSシンプルを「誰でも割」と「家族割」で使っていました。プランSSシンプルは1,000円分の無料通話がつくプランで、無料通話料の「無期限くりこし」を設定していたので、通話料はパケット通信を含めても月額1,400円以内に収まっていました。家族間の電話やSMSはたくさん使っていましたが、ほかへの通話は極力抑えていたのでほとんど基本料金だけで維持できていました。

昨年、ようやく格安スマホを手に入れて、データ専用の格安SIMでスマホデビューをして、スマホとケータイの2台持ちを続けていました。スマホとケータイ2台の計3台で、月額3,500円ぐらいでした。

それでも良かったのですが、使っているのが 2009年発売の「SH003」と「SH001」と2台ともかなり年期の入ったケータイです。塗装も禿げてきて、電池の持ちも悪くなり、いいかげんに新しいケータイを買うかと思っていました。

しかし、3Gガラケー端末だと2015年2月発売の京セラ製「GRATINA2」以降は新機種がでていません。たぶん、今後も新機種が発売されることはないと思われます。「GRATINA2」は中古市場でも人気らしく、未使用品や新品同様の美品だと15,000円以上、ICロッククリア済みだと20,000円ほどしてしまいます。

そこで、ガラホ(4GLTEケータイ)やスマホへの乗り換えも含めて、考えはじめました。このときは、7月と8月が2年縛りの更新月だと思い、7月前半には結論をだそうといろいろ調べました。

ガラケーをそのまま使う場合

まず、ガラケーをとりあえずそのまま2年間使って、次の更新期間にまた考えるということです。

その場合、問題になりそうなのが、故障した時の対応です。故障した場合に、まず修理はもう無理でしょう。だとすると、中古のガラケーを購入するか、au 内でのガラホかスマホへの機種変更(契約変更)。9500円の契約解除料を払ってその時点で他社に乗り換えるという手もありますが、それなら更新期間に乗り換えたほうがお得です。

中古のガラケーだと先程書いたように2年前の機種で美品なら15,000〜20,000円してしまいます。そのくらい払うなら格安スマホなら十分に買うことができます。契約解除料も考えると、ワンランク上の格安スマホも買えてしまうくらいの金額になりそうです。

au 4GLTE に契約変更した場合

ということで、次の選択肢の au のまま 4GLTE のガラホを考えてみました。

au の 4GLTE 対応機種は、調べた当時(6月初旬)では、京セラのAndroid機種「GRATINA 4G KYF34」とAndroidをもとに独自OSの「かんたんケータイ KYF32」の2機種が候補です(「TORQUE X01」は価格や形状から候補からはずしました)。

au の 4GLTE の契約の場合、料金プランは5種類ありますが使い方と月額料金から考えると、国内通話が5分以内ならかけ放題の「スパーカケホ(ケータイ)」(誰でも割で月額1200円)と、無料通話が1,100円分ついた「VKプランS」(誰でも割で月額998円)に候補が絞られます。

これに、Eメールをするのに必要な LTE NET の月額300円と、データ定額料金が必要になってきます。

「スーパーカケホ(ケータイ)」場合は、500KBまでのデータ通信量が無料の「ダブル定額Z(ケータイ)」にすると月額料金1620円からと、一見すると安く抑えられそうですが、Androidのアップデートなどをデータ通信でやってしまうと簡単に超えてしまいます。137.2MBで上限の4,200円になるので、LINEやTwitterなどのSNSを使うだけで簡単に上限に達してしまいます。ガラホにしたのに、LINEやTwitterなどのSNSやWEBページを見ないようにするというのもすごく無駄な気がします。

もう一つの選択で、月1GBまでの「データ定額1(ケータイ)」は、月間のデータ容量を1GBで止められるのでいいのですが、月額2,900円と高く、月の支払総額が4,800円と高額になってしまうので候補から外れます。

また、「VKプランS」の場合は、データ定額が「ダブル定額(ケータイ)の1種類しかなく、10MBまで月額500円で、190.6MBを超えると月額4,200円になってしまいます。このプランも「スーパーカケホ(ケータイ)と同様に簡単に上限にいってしまうと思うので候補外です。

これに、機種代金も加わるので、結論として、ガラホ(4GLTE)の選択肢は外しました。

さて、次はスマホへの乗りかえはどうなのかということですが、かなり本文が長くなってきたので次の記事に続きを書きたいと思います。よかったら次の記事もご覧ください。

ついにスマホとガラケーの2台持ちを卒業しました(続き)!長い道のりの末、ワイモバイルに!
前回の続きです。 ついに au のガラケーを卒業して第4キャリアのワイモバイルのスマホにしたのですが、au の料金体系がこんなに複雑だ...

※記事内の金額は税抜き・税込み混在しています。実際の金額は各サービスのページやお店で確認してください。

Y!mobileオンラインストア

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

 にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)