格安SIM「ヤマダニューモバイル」が登場!月額525円から

ヤマダ電機とU-NEXTの合併会社、Y.U-mobileが新たな格安SIM「ヤマダニューモバイル」の提供を始めました。全国のヤマダ電機などで購入することができます。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

「ヤマダニューモバイル」とは

「ヤマダニューモバイル」は、これまでヤマダ電機が「YAMADA SIM powered by U-mobile」として販売していた通信サービスをリニューアルしたものです。

NTTドコモの回線を利用し、NTTドコモのエリア内で3G/LTEの高速データ通信サービスを利用することができます。

データ通信専用SIM、SMS付きデータ専用SIM、音声通話機能付きSIMの3種類が用意されていますので、用途に合わせて選ぶことができます。

常時200kbpsを低価格で利用できる「シンプルプラン」から、大容量の「30.3GBプラン」まで様々なプランから使い方に合わせたプランを選択できます。「シンプルプラン」以外の容量指定プランは他社のサービスより300MB多く設定されています。

容量指定プランの容量超過時の通信速度は200kbpsで、他社にあるような直近3日間の通信量に対する速度制限はありません。

また、MNP転入の時の不通期間無しでの乗り換えや、スマホとセットでの申し込みもすることができます。

毎月の余ったデータ容量は翌月へ繰り越しできるので、無駄のない使い方ができます。繰り越した容量を家族間でシェアすることができる機能も、今後追加される予定になっています。

気になる料金プランは

データ通信専用SIM

  • シンプルプラン(常時200kbps) 525円
  • 3.3GBプラン 900円
  • 5.3GBプラン 1,450円
  • 10.3GBプラン 2,260円
  • 20.3GBプラン 4,050円
  • 30.3GBプラン 5,450円

SMS付きデータ通信専用SIM

  • シンプルプラン(常時200kbps) 645円
  • 3.3GBプラン 1,020円
  • 5.3GBプラン 1,570円
  • 10.3GBプラン 2,380円
  • 20.3GBプラン 4,170円
  • 30.3GBプラン 5,520円

音声通話機能付きSIM

  • シンプルプラン(常時200kbps) 1,250円
  • 3.3GBプラン 1,600円
  • 5.3GBプラン 2,150円
  • 10.3GBプラン 2,960円
  • 20.3GBプラン 4,750円
  • 30.3GBプラン 6,150円

国内通話料は 20円/30秒。SMS通信料は国内送信 3〜30円/通、海外へ送信 50〜500円/通、海外で送信 100円/通、受信は無料です。

データ通信専用SIMは解約事務手数料がかかりませんが、音声通話機能付きSIMの場合、利用開始月から12ヶ月以内に解約した場合に解約時無手数料として 9,800円が発生します。

初期費用として、登録事務手数料 3,000円(店頭でパッケージを購入した場合を除く)とSIM発行手数料 394円がかかります。

最後に

格安SIMとしては最安の価格帯です。まだ、通話定額などのサービスは始まっていませんが、そのうち提供されると思います。

すでに発表されているソフトバンク回線を使った格安SIMのサービスはまだ提供されていませんが、「ヤマダニューモバイル」も格安SIMの候補に入れてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

ランキング参加中

 にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)