「AQUOS」新スタンダードシリーズ「AQUOS sense」を発表!フルHD IGZO液晶ディスプレイ搭載で高精細で色鮮やかに!

シャープは、スマートフォンの新シリーズとして「AQUOS sense」を製品化し、スタンダードラインのシリーズ名称を、2017年冬モデルより「AQUOS sense」として展開することを発表しました。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

スタンダードラインでありながらフルHD採用!

「AQUOS sense」は、スマートフォン市場におけるニーズの拡大を受け、シャープが発売するスマートフォンの普及帯スタンダードラインの新シリーズです。

普及帯のスタンダードラインでありながら、従来機の約2倍の画素数となる「フルHD IGZO液晶ディスプレイ」を搭載し、高精細で鮮やかな色を表現を可能にし、タッチパネルの高精度化、省エネルギー化を実現しています。

液晶テレビ「AQUOS」の技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」も搭載し、高い色再現性により、実物に近い色鮮やかな映像を楽しむことができます。

動画も明るく鮮やかに楽しめる「バーチャルHDR」も搭載し、撮影した動画も、明部と暗部のコントラストを豊かに表現することができます。

カメラが構図を補正して、撮影した画像と構図補正した画像を自動保存する「インテリジェントフレーミング」や動画からベストショットを切り出せる「あとからキャプチャー」などの便利な機能も搭載されています。

インカメラでの撮影時には、フラッシュとして画面が発光し、夜景は色飛びせず人物は明るく撮影することもできます。

キャップレス防水構造を採用し、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)に対応しています。独自のタッチパネルチューニングにより、お風呂など画面や指が濡れていても誤作動が少なくスムーズな操作を可能にしています。

本体メモリはRAM 3GB/ROM 32GBを搭載し、フラグシップモデルで培った技術を生かしたソフトウェアチューニングにより、多くのアプリをインストールしても快適な操作感を保つことができます。

価格は未定で、今冬に発売予定です。販売経路に関してもまだ未定ですが、今後予定されているドコモやau、ソフトバンクなどの秋冬モデルとして登場が予想されます。

普及価格帯のスタンダードラインモデルでフルHDが使えるのは魅力的ですね。本体メモリも通常使用には十分な容量で、基本性能も充実している日本製なので安心して使えるスマートフォンだと思われます。

今冬に普及価格帯でのスマートフォンの乗り換えや新規購入を考えている人は選択肢の一つに加えてみてはいかがですか。

AQUOS senseスペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ
2017年秋モデル 「AQUOS sense」のスペシャルサイトです。スマートフォンAQUOSの新スタンダードシリーズ「AQUOS sense」の特長機能やイベント情報を紹介します。
スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

 にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ

シェアする

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)