夏休みの自由研究に最適なワイヤレスデジタル顕微鏡!最大220倍の光学ズームでミクロの世界をスマホで!

サンワサプライ株式会社が運営している通販サイト「サンワサプライ」で発売されている「400-CAM059」は、最大約220倍の光学ズームのワイヤレスデジタル顕微鏡です。夏休みの自由研究などに活用することができます。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

電源内蔵なので屋外でも自由に撮影可能!

ワイヤレスデジタル顕微鏡「400-CAM059」は、電源内蔵で屋外でもケーブル無しで自由に使用することができます。本体をスタンドから取り外して、ワイヤレススコープとしても使えるのでとても便利です。iPhoneやiPad、AndroidのスマホとWi-Fiで接続することができるので、ワイヤレスで映像を確認しながら撮影することができます。

内蔵のリチウムイオン電池は、約3時間の充電で約2時間使用することができます。また、モバイルバッテリーなどから給電しながら使用することもできるので、屋外で自由に持ち歩いて使うことができます。

スコープ側面のダイヤルを調整して、最大220倍まで拡大できる光学ズームを搭載しているので、花や植物の観察や日常の様々なものを拡大して撮影することができます。

静止画の解像度は最大4,032×3,023ピクセルの12M、動画はフルHDの1,920×1,080ピクセルで撮影することができますので、細かい部分まで鮮明に撮ることが可能です。静止画の保存フォーマットはJPEG、動画の保存フォーマットはH264となっています。

撮影したデーターは、本体に挿入した最大32GBまでのmicroSDカードに保存することができます。また、専用アプリ「MicroCapture」でiPhoneやAndroidのスマホなどに転送することもできます。

専用アプリ「MicroCapture」は、ワイヤレスデジタル顕微鏡「400-CAM059」とスマホなどをWi-Fiで接続することで、手元のデバイスで静止画や動画の確認、撮影を簡単にすることができます。

本体には、LEDライトも付いています。LEDライトの調節は本体のダイヤルで行うことができ、画像を確認しながら、ピントや光量の調節をして、よりキレイな写真や動画の撮影が可能です。映像には、若干の遅れがあるので、ピント調節はゆっくり行うことがキレイな撮影をするポイントになります。

また、USBケーブルでパソコンとの接続もできます。本体にmicroSDが挿入されているときは、microSDの読み書きができます。microSDが挿入されていない場合は、そのままPCカメラとして顕微鏡の機能を利用できます。

スコープの本体サイズは、幅41×奥行き154×高さ44mmとコンパクトで、重さも約130gと持ち運びにも便利です。固定撮影用のスタンドやACアダプタ、USBケーブル、顕微鏡撮影に利用するプレパラートも付属しています。

ただし、Androidのタブレットには非対応となっていますので注意してください。

子供の頃は、図書館に行って本でいろいろ調べたりと毎年苦労していたのが夏休みの「自由研究」です。最近は、ネットで情報収集できたり、様々なものがネットで手軽に入手できるようになって幅広い課題で自由研究を行うことが可能です。今年の夏は、「ワイヤレスデジタル顕微鏡」でワンランク上の「自由研究」に挑戦してみませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)