1万円ちょっとで買える完全ワイヤレスイヤホン「LBT-TWS01」シリーズ発売!左右をつなぐケーブルもない完全分離型!

エレコム株式会社は、左右のイヤホンをつなぐケーブルのない完全分離型のワイヤレスイヤホン「LBT-TWS01」シリーズを2017年9月16日(土)に発売します。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)

左右分離で完全ワイヤレスの高音質イヤホン!

「LBT-TWS01」シリーズは、パソコン周辺機器などを販売しているエレコム株式会社から発売される、Bluetooth完全ワイヤレスイヤホンです。左右のイヤホンをつなぐケーブルもなく完全なワイヤレス化を実現しました。

スマートフォンやオーディオプレーヤーの音源をワイヤレスで聴くのに使うBluetoothイヤホンは様々な製品が発売されていますが、左右のイヤホン同士はケーブルで繋がっている製品が多数を占めています。このケーブルが意外とジャマであったり、どこかに引っ掛けてしまいイヤホンがはずれてしまうこともあると思います。

今回発売される「LBT-TWS01」シリーズは、左右のイヤホンをつなぐケーブルもなくして、完全なワイヤレスで高音質のサウンドを楽しむことができるイヤホンです。

わずらわしい左右のイヤホンをつなぐケーブルもなく、両耳にイヤホン本体を装着するだけで、シンプルに音楽を聴くことが可能です。

ドライバーには、直径6.0mmの外磁型ダイナミックドライバー「マイクロETEM(イーテム)ドライバー」を採用し、小型でありながら力強く、ワイドなレンジでクリアな音質を実現しています。音道の先端にドライバーを設置する「Direct Contact Mount(ダイレクトコンタクトマウント)構造」によって、より鮮明なサウンドをダイレクトに伝達することを可能にしています。

振動板には、わずか6.0ミクロンのPETフィルムを採用し、レスポンスの良いイキイキとした音の実現を可能にしています。また、高磁力のネオジムマグネットを採用することで、ダイナミックでキレの良い低音を感じることができます。

また、バックキャビティ容積を確保したことで、豊かな低音を実現しています。内部構造を完全な左右対称にしたことで、左右の音質の差異がなくなり、本来の広がりあるステレオサウンドを楽しむことができます。

遮音性が高く、耳にフィットする耳栓タイプを採用し、ヘアスタイルの乱れを気にしないで装着することが可能です。耳へピッタリと装着できるよう3Dアームが付属し、イヤーキャップは S/M/L と耳の大きさに合わせられるよう3種類が付属しています。

本体にはマイクも内蔵されていますので、ハンズフリーの通話にも対応しています。

Bluetoothのバージョンは4.1を採用し、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応し、コーデックはSBCで、通常のスマートフォンであれば使うことができます。左右のイヤホンが独立していますので、片耳だけでも使用することができます。

充電は付属の充電ケースでおこない、充電ケース本体がフル充電の状態で、イヤホンを約4回充電することができます。イヤホンは1回の充電で約2.5時間の連続再生が可能です。

イヤホンのサイズは片耳約幅25×奥行き18×高さ26mmで、重さは約12gとコンパクトで軽量です。充電ケースのサイズは約幅64×奥行き30×高さ33mmで、重さ約35gとカバンなどに入れて持ち歩くのも苦になりません。

付属品は、充電ケース、イヤーアーム(本体装着済み)、イヤーキャップ(S/M/L各一組、Mは本体装着済み)のほかに、充電ケース充電用のUSB充電ケーブルが付いています。

本体カラーは、スマートフォン用の「LBT-TWS01MP」がブラックとミックス(ブラック×レッド)で、AV機器用はブラックのみです。

スマートフォン用とAV機器用は、ハードは共通でカラーバリエーションと販売ルートが異なるだけです。

意外とストレスを感じるBluetoothイヤホンの左右をつなぐケーブルをなくしたエレコムのBluetooth完全ワイヤレスイヤホン「LBT-TWS01」シリーズで、素敵な”モバイルライフ”を手に入れませんか。

スポンサーリンク
chatnoirlibre-レクタングル(大)